デジカメ比較IXY DIGITAL 910 IS

ネットプリントはフジカラー純正仕上げの写真プリントをご提供している「写真のフロンティア」にお任せ下さい。当ネットサービスは写真のトリミングも自在に行えます。


IXY DIGITAL 910 IS は、2006年9月に発売された900IS の改良版として、約一年後の2007年9月に、そして色違いのバージョンが2008年2月にキャノンから発売されたコンパクトデジタルカメラです。
大きな違いは、背面ディスプレーが大型化され約23.0万画素の3.0型の液晶モニターになったことです。現在(2012年)の機種とほぼ変わらない画面サイズとなり、撮影画像の確認がずっと見やすくなりました。これに呼応するように910 IS では、光学ファインダーが姿を消しています。(殆ど同時期の2007年6月に登場した810IS は、光学ファインダーあり&2.5型液晶モニター搭載。)
そして撮像素子には、1/2.5型CCDが使われていますが、総画素数が約830万画素(撮影有効画素数約800万)となり、前機種より約100万画素アップしています。
写真記録画素数の設定は、「ラージ」と呼ばれる最大で3264×2448画素になるモードをはじめ、次に2592×1944画素の「ミドル1」、以下は「ミドル2」(2048×1536画素)、
「ミドル3」(1600×1200画素)、「スモール」(640×480画素)と選ぶことが出来ます。
また、以上は画面比率が4:3でしたが、ハイビジョンテレビやワイドなパソコンモニターの画面と同じ16:9で写真撮影出来る「ワイド」(画素数は3264×1832)でも写す事ができます。「ワイド」で撮影された画像からデジカメプリントのご注文を頂く際は、Lサイズでも可能ですが、画面の左右がかなり切れて仕上がりますので、画面のアスペクト比に合わせた写真サイズであるHVサイズプリント(158×89㍉)が最適です。
画素数とは別に画像の圧縮率も写真の画質を決める重要な要素ですが、こちらも一番高品質で低圧縮な「スーパーファイン」、エコノミーに沢山の写真が写せる高圧縮の「ノーマル」、中圧縮率でバランスをとった「ファイン」の3段階から任意に選べるようになっています。
さらにIXY DIGITAL 910 IS は、従来の機種と同様に「L判プリント」(1600×1200画素で圧縮率はファイン) モードも備えています。これはデジカメプリントのLサイズがキレイに仕上がる撮影モードになります。32MBのSDカードが同梱されていますが、「L判プリント」で撮影すると写真が約52枚記録することができます。
「ラージ」や「ミドル1」などの写真画像なら、もっと大きなサイズのプリントにしても十分に高画質です。4Pや4PW(約B4サイズ)もOKです。たとえLサイズやKGサイズでも、不要な部分をカットして(トリミングして)仕上げても画素数が不足して写真プリントの仕上りが悪くなることも有りません。

最後になりましたが、撮影レンズは焦点距離が4.6~17.3mmで35ミリ判換算ですと約28~105mmとなり、900IS と同一です。800ISや810IS と違い、広角側に強いレンズを採用しています。


デジカメプリント 写真のフロンティア top

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ