比較] 3型モニターのデジカメIXY DIGITAL830IS

ネットプリントはフジカラー純正仕上げの写真プリントをご提供している「写真のフロンティア」にお任せ下さい。当ネットサービスは写真のトリミングも自在に行えます。


IXY DIGITAL 830 ISは、キャノンから2009年3月に発売された1200万画素のデジタルカメラです。イメージセンサーは、820 ISと同じ1 / 2.3型 CCD が使われていますが、より画素数をアップさせています。
レンズは6.6 ~33.0mmで35ミリ判換算ですと約37~185mmの5倍ズームになります。(F値は3.2~5.7)さらに4倍のデジタルズーム機能もあります。
1200万画素ですので、IXY DIGITAL 830 ISの写真画像は4000×3000画素の『ラージ』を筆頭に3264×2448画素の『ミドル1』、2592×1944画素の『ミドル2』、1600×1200画素の『ミドル3』、640×480画素の『スモール』、そして4000×2248画素の『ワイド』モードがあります。経済的に撮影出来て、かつ高品質なLサイズのデジカメプリントになる、IXY DIGITAL の特徴の一つであった『L判プリント』/『日付写し込み』(何れも1600×1200画素で圧縮率はファイン)モードが姿を消しました。
IXY DIGITAL 830 ISからキレイなデジカメプリントを作るには、Lサイズなら画素数を『ミドル3』&圧縮率を『ファイン』以上の設定にします。『ミドル1』以上で撮影すればワイド四切サイズでも高画質な写真に仕上がります。
ージ~スモールは画面のアスペクト比は4:3ですが、ワイドはハイビジョンテレビと同じ16:9にで撮影できます。ワイド画面のモニターに映し出して写真を鑑賞するのに最適ですが、プリントはLサイズ等ですと、画面の多くがカットされた仕上がりになります。その様な場合は、HVサイズ(158×89㍉)にすれば撮影画像をほぼ、そのまま写真プリントに出来ます。
一方の動画撮影性能ですが、640×480画素 (30fps)と320×240画素 (30fps)は従来機でも写す事ができましたが、新たに1280×720画素 (30fps)でも撮影出来るようになりました。

また、今までのIXY DIGITAL にはSDカードが同梱されていましたが、830 ISには付かなくなりました。
もう一つ大きな違いは、背面のモニターが、それまでの2.5型から3.0型へと大きく、そして見やすくなりました。またそれに伴い、光学ファインダーが省略されました。かなり現在(2012年)のデジカメに近づいてきた印象です。


デジカメプリント 写真のフロンティア top

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ