APS-Cサイズ24M一眼レフNikon D5200

ニコンは、デジタル一眼レフカメラでAPS-Cサイズのイメージセンサーを搭載したD5200を来月(2012/12)発売します。

今年に入り、D4、D800/800E、D600と、35ミリフルサイズ機の新製品ばかりでしたが、より多くの販売台数が見込めるAPS-Cサイズ機の登場と相成りました。

D5200は、有効画素数約2400万画素のニコンDXフォーマット(APS-Cサイズ)CMOSセンサーに、上位機種D7000と同じ高密度39点AFシステム、2016分割RGBセンサーを搭載し、最高峰のD4と同等の画像処理エンジン「EXPEED 3」を採用した、高い基本性能を実現したコンパクトな一眼レフカメラです。

また、D5200は、ハイアングルやローアングル、さらに自分撮りなど、自由自在なアングルで撮影できる横開き方式のバリアングル液晶モニターが採用されていて、モニターを見ながらの写真撮影も便利です。(モニターは約92万ドットの3.0型TFT液晶)
ファインダーは、コスト・販売価格を抑えるため/上級機との差別化を図るため、視野率約95%で倍率は約0.78倍のペンタミラー式です。

撮像感度は通常ISO 100~6400までで、最大ISO 25600までの高感度設定ができます。
撮影記録画素数は、6000×4000画素(L)、4496×3000画素(M)、2992×2000画素(S)

D5200で撮影した写真画像でのデジカメプリントご注文は、画像比率に近いWLサイズなら画面切れが少なくて一眼レフカメラからの写真プリントに最適です。また、一回り大きなKGサイズも画面比率が同様で、かつ高画質が活きるハガキ大のプリントでお勧めです。6PWも撮影画像をフルに再現できる大伸ばしになります。


デジカメプリント 写真のフロンティア top

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ