DSC-RX1は、初の35㎜フルサイズ搭載コンデジ

ソニーから大型撮像素子を搭載し話題になったDSC-RX100 に続いて、またもや高級コンパクトデジタルカメラのDSC-RX1 が発表されました。

DSC-RX1は、α99にも使われている35mmフルサイズ約2400万画素Exmor CMOSセンサーを搭載しているのが最大の特徴です。

35㎜フルサイズのセンサーを搭載したカメラは、デジタル一眼レフではプロが使うようなフラッグシップ機になり、コンパクト機ではライカのM-9p という機種が発売されているのみですので、DSC-RX1 がいかに特異なな存在で、”常識破り”のカメラであるかが分かります。

M-9pはレンジファインダーカメラと呼ばれるカテゴリーに分類されますのでファインダーのないコンパクトデジカメではソニーDSC-RX1 が世界初の35㎜フルサイズ搭載機と呼んで良いようです。

また、レンズもフルサイズセンサーの性能を最大限に活かすためにカールツァイス「ゾナーT*」35mm F2の大口径単焦点レンズと、高速・高画質処理を実現した画像処理エンジンBIONZ(ビオンズ)を内蔵しています。

35㎜フルサイズセンサーですので高感度撮影は有利ですが、DSC-RX1は常用感度もISO100~25600で、撮影時には感度設定範囲を広く設定できますので、撮影者の意図に沿った写真が写せます。

今まではフラッシュが必須だった撮影シーンでも、ストロボ光なしで、雰囲気のある写真を写すことが出来るようになりました。

さらに、高感度撮影の際、1回のシャッターで6枚を高速連写して、その画像を重ね合わせてノイズを低減する「マルチショットNR」機能も内蔵されています。

多くのコンパクト機と違い、デフォルト状態での画面比率は3:2になります。そして画面比をハイビジョンテレビと同じ16:9に切り替えることも出来ます。

画面比3:2 では、「L」24M(6000×4000画素)、「M」10M(3936×2624画素)、「S」4.6M(2640×1760画素)

画面比16:9 では、「L」20M(6000 x 3376画素)、「M」8.7M(3936 x 2216画素)、「S」3.9M(2640×1488画素)

写真プリントは色褪せしないフジカラー純正仕上げで!

サイズ名 大きさ 自動補正 自動補正&手動補正
L 89 x 127mm 6円 11円
DSC 89 x 119mm(4:3) 7円 12円
WL 89 x 133mm(3:2) 8円 13円
HV 89 x 158mm(16:9) 9円 14円
KG 102 x 152mm(3:2) 9円 14円

{写真のフロンティア}では、写真のトリミングがご注文ソフトで自在に行えます。幅寄せや不用箇所をカットしてプリントすることが出来ます。お使いいただくととても便利な機能ですので、ご利用をお待ちしています。

デジカメプリント 写真のフロンティア top

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ