デジカメLUMIX DMC-LX7 F1.4のLEICA レンズ搭載

世界最高クラスの明るさF1.4のLEICA DC VARIO-SUMMILUX レンズを搭載したハイエンドコンパクトデジタルカメラ LUMIX DMC-LX7が8月23日(2012)、パナソニックから発売されます。

LUMIX DMC-LX7は、他のコンパクトデジタカメラでは表現しきれなかったボケ味や、暗い撮影シーンでもキレイに撮ることが可能で、写真表現の幅が広く、一眼カメラに迫るものがあります。

撮影感度がISO80~12800(拡張)の新開発 1/1.7型高感度MOSセンサーが搭載されていますが、画素数は約1000万と高級コンデジでありながら控えめなものになっています。

画質は画素数ではなく、一画素のサイズを大きくすることで高感度性能をアップさせ、またダイナミックレンジの広い画像を作ることこそ重要だとの考えは好感が持てます。

また、マルチアスペクトはどのコンデジでも対応していますが、このLUMIX DMC-LX7では、4:3、3:2、16:9の何れかの横縦比を選択しても広角24㍉(35ミリ版換算)での撮影が可能です。

アスペクトブラケット機能を用いて、4:3、3:2、16:9、そして1:1の写真を一回のシャッター操作で撮影することも可能です。

各メーカーは現在、1600~1800万画素のデジカメを販売していますが、今回のLUMIX DMC-LX7 のような高級コンパクトデジカメにジャンル分けされる機種はほぼ1000万画素前後です。

高画質を追求したモデルの方が画素数が少ない状況は以前からありましたが、この度新発売のLUMIX DMC-LX7 でも、現行のLX5から画素数アップはなく、この流れは続いています。

実感としてデジカメプリントも当サービスで扱っている中で一番大きな4PWサイズに伸ばすのも500万画素あれば充分で、それ以上の画素数の写真をプリントしても仕上がりに差は感じられません。

画素数よりも白トビや黒ツブレのない諧調豊かな画像の方がキレイに仕上がります。

普及機タイプのコンデジも1000万画素程度に落ち着くことを期待しています。


デジカメプリント 写真のフロンティア home

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ