おすすめデジカメFinePix Z1100EXR

現行のZ1000EXRをベースにして、ワイヤレスデータ転送機能(スマートフォンへ30枚までの画像一括転送を可能にした)を高めたFinePix Z1100EXRが8月11日(2012)にフジフィルムから発売されます。

撮影画像に特殊な表現効果を加えることが出来る「アドバンストフィルター」機能も今回新たに搭載されました。

アドバンストフィルターは、コントラストと彩度を高くして派手な色に仕上げる「ポップカラー」、全体的に明るく淡くしてコントラストを下げる「ハイキー」、画面の周辺光量を落としてレトロな雰囲気を出す「トイカメラ」、ジオラマ写真のような効果を出す「ミニチュア」、ダイナミックな階調表現で幻想的に仕上げる「ダイナミックトーン」、赤・橙・黄・緑・青・紫の中から1色だけを残して他の色をモノクロに変換する「パートカラー」の6種類があり、写真をお好みに仕上げることが出来ます。

基本的な仕様は撮像素子には、フジフィルム独自に開発しました1/2型で約1600万画素のEXR CMOSセンサーを採用しています。最高撮影感度はISO6400。

フラットなボディーながら5.0~25.0mm (35ミリ版換算で 28~140mm)の光学5倍ズーム。そして超解像ズームを併用すれば最大約13倍の望遠撮影も出来ます。

FinePix Z1100EXRボディーのカラーバリエーションは、コーラルピンク、カーキ、ピンク、ホワイトの4色が用意されています。

また、大きくて見やすい3.5型ワイド・タッチパネルを搭載していますので、画面にタッチするだけで、ピントを自動で合わせ、シーンに最適な撮影条件を設定してシャッターを切ることも可能です。

再生時にはカメラを縦にすると上下2画面に分けて別々の画像を表示され、各々独立して操作可能な「2画面サクサク再生」と、画面上側にプレビュー画面、下側にサムネイル画面を表示することもできて、沢山の撮影画像の中から簡単に探したい画像を見つけられます。

さて、FinePix Z1100EXR の最適なデジカメプリントですが、撮影画像が4608×3456画素、3264×2448画素、2304×1728画素でしたら画面比は4:3ですのでDSCサイズになります。ただ、画面の上下(ヨコ写しの場合)が少し切れますがLサイズでもOKです。

4608×2592画素、3264×1840画素、1920×1080画素でしたら、アスペクト比は16:9ですのでHV(ハイビジョン)サイズが宜しいです。名前の通り、ハイビジョンテレビと同じ縦横比率(16:9)ですので、殆ど画面切れせずに写真プリントが仕上がります。

デジカメ写真プリントはフジカラー純正仕上げの「フロンティア」へ!

激安の自動補正仕上げと手動補正も行うプロ仕上げがお選び頂けます。

サイズ名 大きさ 自動補正 自動補正
&手動補正
L 89 x 127mm 6円 11円
DSC 89 x 119mm(4:3) 7円 12円
WL 89 x 133mm(3:2) 8円 13円
HV 89 x 158mm(16:9) 9円 14円
KG 102 x 152mm(3:2) 9円 14円

当サイト{写真のフロンティア}では、写真のトリミングがご注文ソフトで自在に行えます。幅寄せや不用箇所をカットしてプリントすることが出来ます。お使いいただくととても便利な機能ですので、ご利用をお待ちしています。


デジカメプリント 写真のフロンティア home

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ