APSサイズ4600万画素の最強?コンデジ

ネットプリントはフジカラー純正仕上げの写真プリントをご提供している「写真のフロンティア」にお任せ下さい。当ネットサービスは写真のトリミングも自在に行えます。


シグマは同社のデジタル一眼レフカメラ「SIGMA SD1 Merrill」に搭載された44,800×3,200×3層で4,600万画素(APS-Cサイズ)の独特のセンサー方式のFoveon X3ダイレクトイメージセンサー“Merrill”を搭載した高級コンパクトデジカメ「SIGMA DP2 Merrill」を7月(2012)に発売します。

従来のDP2 に“Merrill”と名付けられた新型イメージセンサーを採用したモデルになりますが、レンズもSIGMA DP2 Merrillのために新設計された、標準画角の単焦点レンズ「30mmF2.8」(35ミリ版換算で約45mm)を搭載しています。

また、旧型機ではJPEGで記録することが出来ずRAW撮影のみで、ユーザーをカメラが選んでいるようなところもありましたが、RAWデータ記録と一般的に広く使われているJPEG画像でも撮影できるようになり利便性がぐっと向上しています。

また、APS-Cサイズの大型センサーだけでなく、一眼レフ並に9個のフォーカスフレームより任意に選択する「9点選択モード」と、フォーカスフレームを任意の位置に細かく移動し設定する「自由移動モード」も備えています。

そして、ピンポイント/通常/大の3種類からフォーカスフレームの大きさを選ぶこともできます。

さらに、AFでピントを合わせた後にフォーカスリングを手動で回してピントの微調整を行うことも行える「AF+MFモード」も採用されていて、コンデジのカテゴリーに分類されますが、機能はデジタル一眼レフにかなり近いものがありあります。

その他の主な仕様ですが、撮影感度はISO100、200、400、800、1600、3200、6400。AUTOはISO200~ISO800。

画像記録方式は、ロスレス圧縮RAW(12-bit, High, Medium, Low)、JPEGもHigh/Medium/Lowの3段階の圧縮率から選択可。

RAW+JPEGの同時記録・保存も可。動画はAVI。

ホワイトバランスは、AWB、晴れ、日陰、くもり、白熱電球、蛍光灯、フラッシュ、そしてカスタムの8種類。

カラーモードは、スタンダード、ビビッド、ニュートラル、ポートレート、風景、白黒、セピアの7種類。

露出制御は、(P)プログラムAE(プログラムシフト可能)、(S)シャッター優先AE、(A)絞り優先AEの3種類の自動露出モードに加え(M)マニュアルの4種のモード。

アスペクト比は一眼レフ標準の3:2のみ。16:9または4:3に切り替えはできません。

大きさ重さは、121.5×66.7×59.2mm/355g(カメラ本体のみ)

SIGMA DP2 Merrillに最適なデジカメプリントは、画面比率3:2と同じに仕上がるWLサイズか、一回り大きくでDP2 の高画質が活きるKGサイズになります。Lサイズでも宜しいのですが、画面の左右(横写しの場合)が少しケラレた仕上がりになります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ