GEの激安でお薦めなデジカメJ1458W

ネットプリントはフジカラー純正仕上げの写真現像を行っている「デジカメプリント 写真のフロンティア」にお任せ下さい。当ネットサービスは写真のトリミングも自在に行えます。


 

ジェネラルイメージングは、6月15日(2012)に廉価版のコンパクトデジタルカメラJ1458W を発売いたします。ボディーの色はブラック、レッド、シルバーの3種類。

単3電池を電源に使用した6000円ほどで買える約1400万画素のコンデジ C1440W を5月に発売していますが、今回は多くのデジカメと同じく充電式バッテリーを使用する機種になります。

J1458W も撮像素子は約1400万画素の1/2.3型CCDが搭載されて、レンズは光学式5倍ズームで焦点距離は5.1~25.5mmで、35ミリ版換算ですと28~140mmになり、ごく一般的なもので日常使うのに不便を感じることはありません。

さらに6倍のデジタルズーム機能もあり、光学式と併せて最大30倍ズームが可能です。

最高撮影感度はISO6400。人の顔、そして笑顔を自動的に検出してキレイに確実に撮影することもできます。

その他の機能として、手ブレ補正も当然付いていますが、様々な撮影シーンモードを搭載(カタログ・仕様書より>オートシーン[風景、ポートレート、夜景ポートレート、逆光ポートレート、夜景、接写]、スポーツ、子供、屋内、葉、雪、夕日、花火、ガラス越し、博物館、風景、夜景、夜景ポートレート、ビーチ、資料撮影、パーティー、IDカード、魚眼、流し撮り、テンプレート、スケッチなど。)されていまして、8000~9000円前後で販売される予定ですが、値段は安くても他社のデジカメに負けない機能が付いています。

そして、このJ1458W で撮影した写真からの最適なプリントサイズは、14M(4320×3240画素)、8M(3264×2448画素)、5M(2592×1944画素)、3M(2048×1536画素)等の画面比4:3ならば、DSCサイズがプリント比率が同一で画面切れが少ないです。

画面比3:2の12M(4320×2880画素)で撮影されたなら、画面比を揃えたWLサイズがおススメです。

10M(4320×2432画素)、2M(1920×1080画素)の画面比16:9で写した写真のプリントはハイビジョンテレビと同じですのでHVサイズが最適です。

「デジカメプリント 写真のフロンティア」では、処理の効率ばかりを追及するばかりでなく、158×89㍉のHVサイズもLサイズ等と同等にサービスメニューに加えてご注文をお受けしています。


デジカメプリント top

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ