高性能なEOS 5D Mark3

ネットプリントはフジカラー純正仕上げの写真プリントをご提供している「写真のフロンティア」にお任せ下さい。当ネットサービスは写真のトリミングも自在に行えます。


EOS 5D Mark3 の高性能ぶりをご紹介していくページです。

EOS 5D はキャノンの35ミリフルサイズのデジタル一眼レフカメラですが、2012年3月、そのEOS 5D が3代目の Mark3 になりました。

Mark2 が08年11月に登場しましたが、未だに一眼レフカメラとしてトップクラスの性能を誇り、ハイアマ層のみならずプロカメラマンからも支持を集めています。

けっして今でもMark2 は古さを感じさせません。

そんな中、3年半ぶりに登場した新製品の Mark3 は、高画質と撮影機能などの面でさらに進化・強化されたカメラに仕上がっています。

それではEOS 5D Mark3 の凄さを一つずつ掘り下げてみたいと思います。

先ずはデジタルカメラの性能と言えば画質の話題になり、そしてそれは搭載された撮像素子と画像処理エンジンの話になります。

EOS 5D Mark3では共に新開発のCMOSイメージセンサーと画像(映像)エンジンが採用されています。撮像素子であるCMOSの画素数はMark2 の2110万画素からMark3では2230万画素と増えてはいますが、もっと増えると予想していた人にはちょっと肩透かしを食らった感もあるかも知れません。

先ず、搭載された画像処理エンジン「DIGIC5+」は、DIGIC4 と比較して約17倍もの高速処理ができるくらい大幅に性能をアップさせていますが、おかげでEOS-1D に迫る約6コマ/秒の高速連続撮影が可能になりました。

さらに「DIGIC5+」を使うことにより、画像に発生するノイズは圧倒的に少なくなりました。もともと低ノイズなカメラとして評価されていたMark2 ではありますが、その性能を大きく上回ってMark3 ではISO25600が常用感度として使うことが出来るようになりました。

Mark2 のISO6400とMark3 のISO25600は同等の画質になっているようです。これは撮影領域と表現範囲が拡大することに繋がります。

EOS 5D Mark3ではISOオートで100~25600に設定でるようになっていますが、これを利用すれば、例えばシャッタースピードとF値を固定したままで、被写体の明るさに応じて適正露出になるようにISO感度が切り替わります。

フィルム時代の一眼レフでは勿論のこと、今までのデジタルカメラでも実用的な使い方ではありませんでしたが、ISO感度の変化のみで対応が可能となり、シャッター速度優先、絞り優先、または深度優先の各AEに次いで新たな撮影スタイルとして確立していくのではないかと思える程です。

そして、画像処理エンジンの性能・処理速度のアップで撮影画像がより高画質になりました。高画質化に画像エンジンが関係していると言われてピンと来ない方もいらっしゃると思いますが、実は大きく関係しています。

従来のDIGIC4 ではレンズの周辺光量低下の補正を行い画質を向上させていましたが、新開発のDIGIC5+は、ちょっと言葉が難しくなりますが「軸上色収差」、「倍率色収差」の補正も行い撮影した写真の高画質化を図っています。

EOS 5D Mark3 になってEOS 5D Mark2 から大きく性能が向上したのは、画質の他にAFシステムも特筆すべきものがあります。

Mark2 が9点だったのに対し61点と一気に増えた測距点です。スポーツなどの動きの速い被写体があまり得意でなかったMark2 でしたが、Mark3 ではオリンピック撮影などにプロが使うEOS 1Dx と同等のAFシステムになり、どんな被写体も素早く、そして確実にピントを合わせられるようになりました。

AFシステムは測距点が61もありますが、その中により強力なクロス測距センサーが41点も奢られています。

特に画面中央部にある5点はF2.8(レンズの明るさ)に対応したクロス測距センサーが用いられ被写体の補足能力が高いと謳っています。

そして、被写体追従の特性、速度変化に対しての追従特性、測距点の移り変え特性の3つのAF特性を細かく任意に設定することが出来て、撮影シーン毎にAFの最高の能力を引き出せます。

その設定が難しく面倒だと感じたときでもEOS 5D Mark3 では撮影シーンに最適化した6種類のプリセットモードが準備されていて、その中から適切なセットを選ぶだけで最高の動体撮影が行えます。

風景中心に撮影するならEOS 5D Mark2 でも不満・不便を感じることは少なかったのですが、 Mark3 ではここまで動体予測と追従機能が高くなるとオリンピックをはじめとしたスポーツ写真は、EOS-1Dx (1D系)とカメラは決まっていたのですが、EOS 5D Mark3 を使い出すプロカメラマンも出てくるのではないかと言うくらいに大きく進化しています。


デジカメプリント top

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ