一眼レフカメラEOS Kiss X6i

ネットプリントはフジカラー純正仕上げの写真現像を行っている「デジカメプリント 写真のフロンティア」にお任せ下さい。当ネットサービスは写真のトリミングも自在に行えます。


キヤノンは、初心者向けのデジタル一眼レフカメラEOS Kiss X6iを、2012年6月下旬に発売すると発表しました。昨年3月に発売されたX5 の後継機になります。

X4、X3 なども2月か3月に登場していましたので、今年の2月頃にKiss の新製品の発表があると楽しみにしていましたが、EOS 1Dx またはEOS 5D markⅢの発売がありましたのでKiss の新製品は後回しにされた感じです。

さてEOS Kiss X6i は、ライバル機にあたるニコンのD3200 が2400万画素の撮像素子を搭載して一足早く登場いたしましたが、それを上回る画素数ではなく、現行のEOS Kiss X5 と同じ約1800万画素で据え置いた格好になります。

35ミリフルサイズ機でもEOS 5D markⅢは、現行のEOS 5D markⅡから僅かな画素数アップに留まったのに対し、一方のニコンD800/D800e は3630万画素を搭載して、周りを驚かせたのは記憶に新しいところですが、エントリー機のEOS Kiss X6i とD3200 でも同様の図式になりました。

初心者のパーセンテージが高いユーザー層がどの様な判断をするのか、見守ってみることにします。

そうは言ってもAF精度の向上や、より高感度撮影が可能になったなどの性能が高められています。中でも特徴的なのは新開発された「ハイブリッドCMOS AF」です。

このハイブリッドCMOS AFは、コンパクト機に採用されている「コントラスト検出方式」と一眼レフカメラに使われている「位相差検出方式」の両方の機能を搭載し、そして瞬時に使い分けて、スピーディーかつ精度の高いなピント合わせが出来るように工夫されている注目の技術です。

EOS Kiss X6i の撮影画素数は
ラージ :約1790万(5184×3456画素)、ミドル:約800万(3456×2304画素)
スモール1 :約450万(2592×1728画素)、スモール2 :約250万(1920×1280画素)
スモール3 :約35万(720×480画素)となっています。

マルチアスペクト(画面比切り替え機能)は、3:2、4:3、16:9、1:1 の4種類が選べますが、それぞれの画素数はネットのカタログでは不明です。

通常、最も多く選択されると予測する3:2のアスペクト比で撮影された写真からのプリントは一画面比に近いWLサイズ、さらに一回り大きく一眼レフの高画質が活きるKGサイズがおススメです。

16:9のワイド設定で撮影された画像でデジカメプリントのご注文を頂く際はHV(ハイビジョン)サイズが迫力あるワイド画面そのままにプリントされます。


デジカメプリント top

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ