キャノンEF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM

EOS Kiss などのデジタル一眼レフカメラで写真を撮ったらプリントは色鮮やかで高品質なフジカラーデジカメプリントがおススメです。

また写真サイズはL判より大きくて、一眼レフの高画質が活きる迫力あるKGサイズが最適です。

キャノンから、普及クラスのデジタル一眼レフカメラEOS Kiss x6i が先日発売されましたが、それに合わせて標準から中望遠をカバーするズームレンズEF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM が発売されました。(2012/6/22)

これはミラーレス機で一般的なライブビュー撮影を一眼レフのEOS でも使いやすく、また動画撮影でのオートフォーカスの性能をアップさせたレンズでEOS Kiss x6i とベストマッチングいたします。(EOS Kiss x6i と併用時に於いて有効な機能の様です。)

STM(ステッピングモーター+リードスクリュー)と呼ばれる新AF機構を採り入れて写真撮影だけでなく動画撮影時でも、素早いオートフォーカスを実現したとしています。

約4段分の手ブレ補正機構は他のレンズ同様に内臓されていますが、特に動画撮影を歩きながら行った際に効果を発揮する、補正する範囲を拡げたダイナミックIS(Image Stabilizer、手ブレ補正機構)も搭載しています。

その他、EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM の主な仕様は、

画角(対角線):11°30’~74°20′
最大撮影倍率&最短撮影距離:0.28倍 0.39m
レンズ構成:12群16枚
フィルター径:67mm
重量:約480g

今までUSM(ウルトラソニックモーター)を採用してきたキャノンのEFレンズですが今回、初めてSTMと言う新しい技術が採用されました。

今後登場するレンズはSTMに切り替わっていくのでしょうか?また、カメラもキャノンからも人気のミラーレズ機が発売された場合、ミラーレス機にも使えるレンズとしてEF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STMが先に発売されたのか等‥ いろんなことを妄想してしまいます。


デジカメプリント top

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ