Olympus Tough TG-1

当ネットサービスは写真のトリミングも自在に行えます。ご注文は「デジカメプリント 写真のフロンティア」にお任せ下さい。


オリンパスは、6月に同社のデジカメ「タフ」シリーズのフラッグシップ機となるTough TG-1 を発売すると発表いたしました。

大きさは111.5×66.5×29.1㎜で、重さは約230㌘。

デジカメ タフTG-1

見本の写真にありますが、19mm相当のワイドコンバータと、170mm相当のフロントテレコンバータが別売オプションとしてラインアップされ、マニア好みのヘビーデューティーカメラになります。(何れも35ミリ版換算値)

これらのレンズには、水辺や水中での使用時における曇りを防止するため、レンズ内に窒素ガスが充填されています。搭載されているレンズは光学4倍ズーム4.5mm~18.0mm(35ミリ版換算で25mm~100mm)で超解像8倍ズームになります。

Toughシリーズで初めての「F2.0 ハイスピードレンズ」は、フラッシュが使えない撮影シーンや、フラッシュの光が届かない被写体に対して、高画質で高速シャッターを実現します。

F2.0の今までにない明るいレンズを搭載して、特に写真愛好家に重宝されるデジタルカメラになります。

Tough TG-1 はシリーズ最高の12m防水、2m耐落下衝撃性、そして-10度の環境下での動作を実現し、撮影場所と時間を選ばない、まさにタフなカメラです。

1200万画素(1/2.3型)の裏面照射型CMOSセンサーと、PENやOM-Dの一眼カメラに搭載されたものと同じ用画像処理エンジンTruePicVIの組み合わせからなるiHSテクノロジーが、画質の向上に加えて、電源をONにしてから撮影が出来るまでの起動時間や、ピント合わせに必要な時間、そして連写性能の3つのスピードを飛躍的に向上させました。

また、GPS機能も高速な測位を実現したA-GPSを搭載。ランドマーク表示や電子コンパス機能、それにGPSロガー機能も搭載。

パソコンに接続すればよ移動経路を表示させることもも可能です。

Olympus Tough TG-1 で撮影した写真からのお勧めなデジカメプリントは、約1200万画素(3968×2976)、約800万画素(3264×2448)、約500万画素(2560×1920)、約300万画素(2048×1536)、約200万画素(1600×1200)、約100万画素(1280×960)の設定で撮影されたなら同じ画面比率4:3で仕上がるDSCサイズ、または一般的なLサイズになります。

比率16:9(3968×2232画素/1920×1080画素)のワイド設定で写した写真のプリントはHV(ハイビジョン)サイズが画面切れが少なくて最適です。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ