Canonデジカメ比較 IXY DIGITAL 300

IXY DIGITAL 300は、2001年4月に発売されたキャノン製のコンデジになります。同時期に発売されたIXY DIGITAL 200 の上位機種にあたります。

上位機種になりますが、デジカメの最も基本的な部分と言ってもよい撮像素子は有効画素数が約202万画素の約211万画素1/2.7型CCDが搭載されていてIXY DIGITAL 200 やIXY DIGITAL (2000年発売の初代機)と変わりません。

撮影記録画素数が1600×1200画素、1024×768画素、640×480画素の3段階から選択するのも、画質(画像圧縮率)の選択もラージ、ミドル、スモールから選ぶのも、撮影感度も基本的にISO100(暗い撮影シーンでISO150に切り替わる)であるのもIXY DIGITAL 300は、同時期発売の下位機種IXY DIGITAL 200と同じで差がありません。

主だった違いは、撮影レンズが5.4~16.2mm(35ミリフィルム換算35~105mm)と光学3倍ズームになっていることです。また、それに伴いカメラ本体の大きさが94.8×62.5×29.9mmとなり、9×6センチ以下に収まっている初代機やIXY DIGITAL 200などより少し大きく、また重くなっています。

上位機種なら画素数が多いとか、より高感度であるとか、搭載された各種フィルター機能の数が多いとか他にも様々な性能差があっても良さそうですがその様な差が殆ど見つけられません。

IXY DIGITAL 300やIXY DIGITAL 200が発売された2001年は、それまで堅調だったフィルム需要が落ち始めた頃にあたります。まだまだ多くのお客様はフィルムを使って家族の写真を撮られていた時代で、カメラも搭載されたズームレンズの倍率の差で上位機種と下位機種がありましたが、その当時の感覚で見れば、IXY DIGITAL 300とIXY DIGITAL 200のラインアップはごく普通のことでした。

<ネットプリントは現像して仕上げる高品質なフジカラーデジカメプリントを格安でご提供しています実績のある「写真のフロンティア」へお任せ下さい。>

デジカメプリント top

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ