Fujiデジカメ比較 FinePix F40fdはXD&SDカードOK

ネットプリントはフジカラー純正仕上げの写真現像を行っている「デジカメプリント 写真のフロンティア」にお任せ下さい。当ネットサービスは写真のトリミングも自在に行えます。


2007年2月に富士フィルムから発売されたコンパクトデジタルカメラがFinePix F40fd です。世界最速の顔検出機能「顔キレイナビ」を

コンパクトデジタルカメラに搭載したFinePix F31fd の発売から3ヶ月くらいしか経っていませんでしたが、SDメモリーカード&xD-ピクチャーカードに対応した「デュアルスロット」を採用したFinePix として登場いたしました。

デジカメ、特にコンパクト機に使われるメモリーカードはSDが優勢になり、XDカードを採用してきた富士フィルムも、SDカードへの対応に迫られていました。

この後、XDカードを使うFinePix は作られなくなって行きました。

FinePix F40fd は、オートだけではなく、マニュアル撮影での「顔キレイナビ」を使用できるようになりました。撮影時にで「顔キレイナビ」を設定すると、カメラを被写体に向けたとたん、僅か最短0.05秒で最大10人の顔を一度に検出して、顔にピントを合わせるのと同時に顔の明るさを自動的に調整します。

「スーパーCCDハニカムVI HR」と「リアルフォトエンジンII」のおかげで、高感度なISO2000で撮影しても830万画素のフル画素撮影で可能になり、ダブルノイズリダクション方式を採用し、高感度で撮影してもノイズが少なくて解像度の高い、そして色再現性に優れた画質を実現しています。

撮影記録画素数は3296×2472ピクセルをはじめ標準のタテヨコ比4:3と3:2で写せる2304×1728ピクセルがあります。

4:3で撮影された写真画像のデジカメプリントはLサイズか画面切れの少ないDSCサイズがお勧めです。3:2で撮影された画像からは画面比率に合わせたWLサイズが最適です。その他KGサイズもおススメ致します。


デジカメプリント top

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ