富士フィルムFinePix F10

デジカメがフィルムを使うカメラの出荷台数を上回り始め、ネガフィルムの消費もおよそ半分になった頃は、デジタルカメラで撮影した写真で上手く撮れていない、写すのを失敗してしまった等の原因に「ブレている」「画像が暗い」が多く、それらの写真は大部分が室内での撮影でした。

まだまだ、室内でストロボ使用時の写りはフィルムの方が良かったです。

そんな頃(2005春)、従来デジタルカメラが苦手としていた室内や暗いシーンで、高感度でノイズの少ない高画質を可能にし、手ブレ・被写体ブレにも強くて、失敗写真を減らす超高感度(当時では)コンパクトデジタルカメラFinePix F10が富士フィルムから発売されました。

富士フィルム・ファインピックスF-10

新開発のスーパーCCD ハニカムV HR とリアルフォトエンジンの搭載により、有効画素数630万画素の高画質と、他社に先駆けて最高感度ISO1600(1280×960画素)を実現しました。

カメラまかせのオート撮影「ナチュラルフォトモード」を使えば、室内や暗いシーンでもフラッシュを使わずに、キレイな写真を写すことが出来ました。

高感度を活かした高速シャッターによる「ブレ軽減プログラム」が搭載されて、手ブレと被写体ブレも軽減でき、お子様や動きの多いペットを撮影する際の失敗を減らすことができました。

撮像素子は1/1.7型で、この当時は比較的値段の高いデジカメによく搭載されていました。

そして撮影記録画素数は、2848×2136ピクセル、2048×1536 ピクセル、1600×1200ピクセル、640×480ピクセルと切替えられた他に画面比3:2の3024×2016ピクセルに設定することができました。

FinePix F10 より前に発売された機種には、すでに16:9のハイビジョン画面に設定できるものがありましたが、4:3と3:2に切替えるマルチアスペクトをこの頃から富士フィルムのFinePix に採用し出しました。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ