大型撮像素子搭載のデジカメ IXY DIGITAL 400

ネットプリントはフジカラー純正仕上げの写真現像を行っている「デジカメプリント 写真のフロンティア」にお任せ下さい。当ネットサービスは写真のトリミングも自在に行えます。


300万画素CCDを搭載したIXY DIGITAL 320 の登場から半年後の2003年3月にIXY DIGITAL 400 が400万画素機として発売されました。

IXY DIGITAL ブランド最高画質の機種になります。

デジカメIXY DIGITAL 400

レンズは7.4~22.2mm(35ミリフィルム換算36~108mm)の3倍ズームを搭載していますが、IXY DIGITAL 320/200a200/初代の2倍ズーム機と殆ど同じ大きさ(87.0×57.0×27.8mm)にまとめられています。

そしてIXY DIGITAL 400 の最大の特徴は、シリーズ最高の400万画素の高画素モデルであると同時に撮像素子(CCD)はそれまでの1/2.7型であったのに対し、より大くて高画質が期待できる1/1.8型を採用したことです。

大型撮像素子に伴いレンズも大型化しているにも関わらず、今までの3倍ズームレンズ機である300a300 よりコンパクトな本体に仕上がっていて高性能を詰め込んだ凝縮感いっぱいの機種に400 は成っています。

記録画素数は、ラージ :2272×1704画素、ミドル1 :1600×1200画素、ミドル2 :1024×768画素、スモール:640×480画素となっています。

画像の圧縮率の選択は従来通り3段階(スーパーファイン、ファイン、ノーマル)で、IXY DIGITAL 400 には32MBのCFカードが同梱されていて、その32MB CFカードの記録可能枚数は、例えばラージ&スーパーファインで約14枚、ミドル1&ファインで約54枚、ミドル2&ファインで約94枚、そして一番たくさんの枚数が撮れるスモール&ノーマルで約337枚になっています。

撮影可能枚数(電池の持ちのよさ)も320 から更に改善されています。

デジカメプリントも、大伸ばし(4P/4PWサイズ)にされても画素数だけでなく大きな撮像素子のおかげでダイナミックレンジが広く、それまでより諧調豊かで高品質な写真プリントを仕上げることが出来るようになりました。


デジカメプリント top

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ