色補正に悩む写真

デジカメ写真プリントのご注文をお受けしていると、もちろん色々な写真がありますが、色の調整に悩む画像がございます。

アートフィルター(元祖のオリンパスの呼称)機能を使い、明るく浅めの色合いに写されていたりすると彩度やコントラストが足らないなと感じたりします。

またそれだけなら良いのですが、例えば青みが強かったりする写真があります。

この様な場合、青みを引く(B(ブルー)を引く&C(シアン)を引く)手動補正を行って良いものかどうか迷ってしまいます。

同様に屋外で撮影された写真でも黄色や赤色が強い画像があると、B(ブルー)を足してなるべくニュートラルな色になるように仕上げるべきか、オリジナルを尊重しあまり色補正は行わない方が良いのか本当に難しいです。

光学性能のあまり良くないトイカメラで撮影された画像でもプリント注文を承ることがありますが、あえてトイカメラ風の写り(何となく古いフィルムカメラで撮った懐かしい雰囲気をだす色合い)の画像だったり、HDR機能を使ってメリハリ感をあえて抑えたものだったりと様々な画像があります。

この様な特殊効果を狙った写真の多くはプリント裏面にCR:1 と印字されます。この様に印字されていれば、当方で画像処理ソフトによる自動補正は行わないか弱めています。

CR:※ と印字されていれば当方で補正を行った方が良いと判断し手動で画像処理ソフト「イメージインテリジェンス」での補正を行っています。

因みにノーマルに撮影された画像からの写真プリントの裏面にはCR:0 と印字されますが、このCR:0 であるケースが一番多いです。

また文中の「B(ブルー)を引く」はY(イエロー)を足すことと同じ意味です。(参照ページ:カラースターと補色


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ