一眼レフ中堅機 PENTAX K-30

ペンタックスリコーは、日本国内より先にヨーロッパでデジタル一眼レフカメラの新製品「K-30」を発表いたしました。

PENTAX デジタル一眼レフカメラ K-30

しばらくすると日本でも発売されるのでしょうが、まだ正式なアナウンスはありません。

よって詳細な機能・仕様が分からず、また発売までに変更になるケースもありますが、伝えられていることをごく簡単にまとめてみました。

雨の中の撮影でも安心な高い防塵防滴性能を備え、PENTAXお得意のコンパクトなボディーに高級機並みの視野率約100%のファインダーを内臓したAPS-Cサイズ機のデジタル一眼レフカメラが「K-30」です。

注:従来のレンズは、カメラ同様に防塵防滴加工されていませんのでK-30を雨中等で仕様する際、防塵防滴仕様のレンズの発売を待つ必要が有ります。

ボディーの色は、シルバーは無く、ブラックとホワイト、それに見本写真をご覧の通りブルーの3色が設定されています。

PENTAX K-30 の光学ファインダーは、視野率約100%もそうですが、コストのかかるガラスペンタプリズムが奢られています。ダハミラー(ペンタミラー)を採用する普及機・中堅機が多い中で、真面目にしっかりとしたカメラ造りがされている感じを受け、PENTAXに好感を持ちます。

・搭載された撮像素子は、約1600万画素のCMOSセンサー。

・撮影感度は最高ISO25,600。

・4段分の補正効果がある手ぶれ補正機能は3次元センサーシフト式。

・秒間最高6コマの連写速度。

・ガイドナンバー12のストロボを内蔵。

・1,920×1,080/30fpsで動画撮影可。

ネットプリントは現像して仕上げる高品質なフジカラーデジカメプリントを格安でご提供しています実績のある「写真のフロンティア」へお任せ下さい。

PENTAX K-30で撮影された写真からのプリントは、画面比率3:2とほぼ同じ比率にプリントするWLサイズが画面切れが少ないです。また一眼レフの高画質が活きる一回り大きく迫力のあるKGサイズもお薦めです。


デジカメプリント top

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ