デジカメ比較 ペットの顔も認識 FinePix F80EXR

2010年4月に富士フィルムは、有効画素数1200万画素のスーパーCCDハニカムEXRと、フジノン純正の光学式で10倍ワイドズームレンズ(35ミリ版換算で27~270㍉)、人間だけでなく犬や猫の顔を自動で見つける「ペット自動検出」機能を搭載したデジタルカメラ「FinePix F80EXR」を発売しました。

コンパクトデジタルカメラFinePix F80EXR

FinePix F70EXR (2009年8月発売)の後継機種にあたる、このFinePix F80EXRは、それまでの1000万画素から、1200万画素にアップした「1/2型 スーパーCCDハニカムEXR」が搭載されています。

その他、改良された点としてFinePix F80EXRは、犬や猫の顔を素早く検出して、ピントや撮影条件を最適化する「ペット自動検出」機能が搭載しされていますが正面を向いた犬や猫の顔を360度どんな角度でも、最大10匹まで検出できます。

そして、正面を向いた瞬間にカメラが自動でシャッターが切れる「ペットオートシャッター」機能を使えば、シャッターチャンスを逃さずにペットが最高の表情をした瞬間の写真を簡単に撮影できます。

また1280×720ピクセルのハイビジョン動画撮影が行えるようになりました。

FinePix F80EXRの撮影記録画素数は(カッコ内は画面縦横比率)

L(4:3) 4000 × 3000、L(3:2) 4000 × 2664、L(16:9) 4000 × 2248
M(4:3) 2816 × 2112、M(3:2) 2816 × 1864、M(16:9) 2816 × 1584
S(4:3) 2048 × 1536、S(3:2) 2048 × 1360、S(16:9) 1920×1080

その他、L(4:3) 4000 × 3000 の設定時にのみ「FINE」モードが加わり、

より高画質な写真が撮影出来ます。

FinePix F70EXRと同じくFinePix F80EXR も、16:9も選択できる本格的なマルチアスペクト機になりました。

デジカメプリントは、3:2の画像はWLサイズが、そして16:9で撮影されたならHV(ハイビジョン)サイズが画面切れが少ない仕上がりでおススメです。

フジフィルムのデジカメからのプリントは、同じフジ製の「フロンティア」で現像処理して仕上げる銀写真のフジカラーデジカメプリントがキレイな色に仕上がります。


デジカメプリント top

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ