オリンパスOMが復活 OM-D E-M5

ネットプリントはフジカラー純正仕上げの写真プリントをご提供している「写真のフロンティア」にお任せ下さい。当ネットサービスは写真のトリミングも自在に行えます。


一眼レフスタイルをしたミラーレスカメラのLumix G3GH2 を取り上げてきましたが今回は、同じマイクロフォーサーズ陣営のオリンパスから発売されたOM-D E-M5 を簡単にご紹介させて頂きます。

PENシリーズの様にパナソニックではビューファインダーのないGF やGX が有りました。その他にビューファインダー付きのG や上位機種のGH シリーズもラインアップされていましたが、オリンパスはGやGHに相当する機種はこれまで有りませんでした。

しかし、この度オリンパスからも一眼レフスタイルのE-M5 が発売されてマイクロフォーサーズ機の種類を拡大させてきました。

新機種名はOM-Dでは?と思われるかもしれませんが、OM-Dはシリーズ名で同シリーズの第一弾として今回、E-M5 が新発売になりました。

E-M5 は、約1600万画素、144万ドットのEVFを内臓、最大9コマ/秒の高速連写、可動式の背面液晶モニター、防塵・防滴化されたボディー、新機能を採用した手ブレ補正、高速AF、オリンパスが元祖のアートフィルターも新しい物が加えられている・・・など、新機能が満載で登場しました。

パナソニックGやGHシリーズには無い、本格一眼レフシステムをイメージさせる「パワーバッテリーホルダー」もアクセサリーとして発売されました。

かつての名機OMの名を冠しただけに、カメラ本体のデザインと共にOMを引き継いだものとなっています。

メーカーでもかなり意識して作ったのだなという感じが伝わってきます。

性能面では、AF(コントラスト検出方式)は世界最速だと謳っています。

新しい手ブレ補正機能は世界初の5軸対応補正で従来の機能に加えて、水平/垂直の並進と、ロールと呼ばれる回転ぶれにも対応しています。

35㍉フルサイズ機やAPS-Cサイズ機のデジタル一眼レフカメラにやや劣っていた高感度撮影時の画質も、E-M5は最高感度がISO25600 になり2段下のISO6400 程度なら階調再現も問題ないくらいになっています。

E-P3(1200万画素)よりも高画素(1600万画素)になったにもかかわらず高感度で撮影した写真の画質はE-M5 が上回っています。

E-M5 では、動画撮影時には16:9の画面比率になりますが、写真(静止画)撮影では16:9のハイビジョン比率の設定は設けられてはないようです。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ