ミラーレス機Lumix DMC-G3

ビューファインダーのないコンパクトなマイクロフォーサーズ機のLumix DMC-GF5が間もなく発売されますが、現行のDMC-GF3と同時期に発売されたビューファインダー付きで一眼レフに近いスタイルのDMC-G3 の後継機(G5?)が発表されるという情報はまだありません。

もう暫くは現行機種として売られていくものと思われます。

新製品ではありませんが、今回はまだブログで紹介していなかったこのLumix DMC-G3 を取り上げてみました。

DMC-G3は名前が示すとおり、G2 の後継機になりますが、G2 に比べ幅も厚さも一回り小さく体積で20%以上の小型化を達成して、

他社の一眼レフ機に対して大きなアドバンテージの一つとなっています。

G3 は約1600万画素のLive MOSセンサー(4/3型)が搭載され、G2 の約1200万画素から画素数をアップさせていて最上位機種であるGH2 に匹敵する高画質を実現しています。

GH2 との違いは60コマ/秒で1920×1080のフルハイビジョンの動画撮影ができるのに対し、30コマ/秒の出力で60コマ/秒のインターレース(60i)を生成しているため動画の滑らかさが劣ります。

動画形式は家電メーカーのパナソニックらしくAVCHD方式で記録しますが、その他にパソコンでの取り扱いが便利なMotion JPEG の設定で撮影することも出来ます。

AFはコントラストAF方式としては世界最速の0.1秒を達成したDMC-GH2 に使われたものと同じ物が使われています。

DMC-G3で撮影した画像からのプリントに最適な写真サイズは画面の縦横比{4:3}(4592×3448画素~1824×1368画素)ならDSCサイズまたはLサイズ。

{3:2}(4576×3056画素~1824×1216画素)ならWLサイズまたはLサイズ。

{16:9}(4576×2576画素~1824×1024画素)ならHV(ハイビジョン)サイズです。

どのサイズのもフジカラー純正仕上げで高品質&激安価格でご提供している「写真のフロンティア」にお任せください。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ