動画ファイルの違いMOV,AVI,AVCHD…

ネットプリントはフジカラー純正仕上げの写真プリントをご提供している「写真のフロンティア」にお任せ下さい。当ネットサービスは写真のトリミングも自在に行えます。


動画を撮影するのはビデオカメラと決まっていましたが、コンパクトなデジタルカメラでもカンタンに動画が撮れる様になってきました。

そして現在では多くのお客様がデジカメで静止画(写真)も動画も撮影していらっしゃいますが、ファイル形式はビデオカメラを作っている家電メーカー(パナソニックやソニー)と、カメラメーカー(キャノンなど)とでは違った動画ファイルを採用しています。

見た目はどちらも同じSDカードに録画保存しますので分かりにくいのですが、家電メーカーはその成り立ちからテレビやレコーダーに代表されるAV機器との親和性に重心を置いてきました。

一方のカメラメーカーはデジタルカメラをパソコンへの画像入力装置の一つとして考え、その延長線上で動画ファイルを取り扱ってきました。

例えばIXYやEOS Kiss では、写真(静止画)と同じように動画もデジタルデータのファイルになりますのでパソコンでの取り扱いに違いは有りません。

ところが Lumix などのデジカメは動画ファイルがAVCHD のフォルダーの中にあるBDMV フォルダーの中のSTREAMフォルダー内にやっと動画ファイルが保存される仕組みになっています。

AVCHD はパナソニックとソニーがハイビジョン画像の記録フォーマットとして規格を決めたものです。

DVDやBlueRAY も対応させる規格になり、AVCHD 規格の色んな機器の間で互換性を持たせています。

そのような理由からファイルデータの格納(保存)形式にまで決められたものになっています。SDカード等に保存した動画も、DVDディスクの動画もブルーレイの動画も、テレビのハードディスクに録画した番組なども同じように扱える様にしたものです。

パナソニックとソニーは、デジタルカメラにも動画はAVCHD規格を採用しているのは、AV機器の一つであるとの考えからで、カメラメーカーとの立場の違いから来ているのでしょう。

一部のビデオカメラでは、MOV形式で録画していたりもします。(MOVはApple社が開発した動画フォーマットになります。)

当ネットサービスではデジカメプリントなどと共に、デジカメやスマホで撮影した動画をDVDプレーヤーで再生(テレビでも見られる)できる形式にしてDVDディスクに書き込むサービスも提供しています。⇒e-16.net/dvd/

受付け可能な動画ファイルは、QuickTime(MOV、MQV)、AVI、Mpeg、ASF、MOD、3GPP(3GP、 3GPP)、AMC、MP4、MTS(AVCHD) と、殆どの規格に対応しています。是非、サービス『デジカメ動画をテレビで見る』をご利用ください。

2015年4月に追記:注文ソフトのバージョンアップ等により、現在はDVDより高精細で大容量データが保存できるBlu-rayディスク書き込みサービスも取り扱っています。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ