FUJIのX-trans CMOSセンサー

ネットプリントはフジカラー純正仕上げの写真プリントをご提供している「デジカメプリント 写真のフロンティア」にお任せ下さい。当ネットサービスは写真のトリミングも自在に行えます。


富士フィルム初のレンズ交換式ミラーレス機「X-Pro1」に搭載されたX-trans CMOS と呼ばれる撮像素子ですが、カラーフィルターの配列を工夫して、ローパスフィルターを使わずにモアレや偽色の発生を抑えています。

撮像素子は、実は色の識別は出来ず、明るさしか判別しませんので、各画素に光の3原色「青」「赤」「緑」のフィルターを貼って、色の識別を行っています。

そして殆どのデジカメのセンサーは、図の点線部のような4画素を単位としたベイヤー配列で、カラーフィルターが規則正しく並んでいます。

ベイヤー配列

しかし、これは宿命的に、縞模様や格子模様の被写体を写すと、モアレや偽色の発生が避けられません。

そこで、多くのデジカメでは、撮像素子(CCDやCMOS)の直前にローパスフィルターを設置し、モアレと偽色を低減させていますが、引き換えに解像度を落とさざるを得ませんでした。

ローパスフィルターで軽くピンボケさせたような状態になっていました。

稀にローパスフィルターの無いデジカメ(PENTAX645D等)が有り、驚くような高い解像度を実現していますが、どうしてもモアレと偽色の発生する可能性が増えてしまいます。

一方、X-Pro1に搭載された撮像素子「X-trans CMOS」は、6×6画素を1単位とした全く新しいカラーフィルターの配列構造になっています。

x-pro1の配列.gif

ベイヤー配列の4画素単位に比べ36画素単位とすることで、被写体の周波数(縞模様等の太さ)と干渉をおこし難くくすることを実現しています。

解像度を落とすローパスフィルターを省略してもモアレの発生を抑える事に成功しています。

また、縦方向と横方向ともに赤青緑の3色のカラーフィルターを貼った画素が必ず有って偽色も低減させています。

X-trans CMOS はAPS-Cサイズですが、富士フィルムでは35mmフルサイズにも負けない解像度を達成したとしています。

(ローパスフィルターについての書込み:ローパスフィルターは解像力を落とす

デジカメプリントはフジカラー純正仕上げの「フロンティア」へ!激安の自動補正仕上げと手動補正も行うプロ仕上げがお選び頂けます。

サイズ名 大きさ 自動補正 自動補正
&手動補正
L 89 x 127mm 6円 11円
DSC 89 x 119mm(4:3) 7円 12円
WL 89 x 133mm(3:2) 8円 13円
HV 89 x 158mm(16:9) 9円 14円
KG 102 x 152mm(3:2) 9円 14円

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ