コンデジはローパスフィルターが無い

一眼レフ・一眼カメラの多くに偽色・モアレ防止のためローパスフィルター

取り付けられていますが、コンデジは逆に、殆ど搭載されていません。

コンデジは、1000万画素を超え、現在では1600万画素の機種が発売されています。

画素数が増えた分だけ、画素ピッチの値が小さくなりコンパクト機の主流となっている1/2.3型の撮像素子では、画素ピッチは約1.5マイクロメートル程になるのですが、ここまで細かくなるとレンズの解像力の方が追いつかなく、ローパスフィルターを搭載し画像をぼかす必要が無いからです。

まだ画素数の少なかった頃はコンパクトデジタルカメラにもローパスフィルターがありましたが、現在では偽色・モアレが発生しにくいため(レンズが解像力を落としているため)取り付けられていません。

言い換えるとローパスフィルターを省くようになった時から、画素数を増やしてもそれまで以上に高画質にはならなくなりました。レンズ性能を上回ってしまったからです。

(撮像素子のサイズを変えずに画素数を増やす(画素ピッチを小さくする)場合。)

個人の意見ですが、今のコンパクトデジタルカメラの画素数は多すぎるくらいで1000万画素も必要ないと思います。

ネットプリントは現像して仕上げる高品質なフジカラーデジカメプリントを格安でご提供しています実績のある「写真のフロンティア」へお任せ下さい。

激安でご提供するAUTO仕上げサービスでは、Lサイズ 6円/枚、HVサイズ9円/枚、KGサイズ 9円/枚、DSCサイズ 7円/枚 で承っています。

また、トリミングがカンタンに行える多機能なご注文ソフトを使用しています。是非ご利用ください。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ