JPEGやRAWって何?

デジタル一眼・一眼レフや一部の高級なコンパクトデジタルカメラには、JPEGだけでなくRAWで写真画像データを保存出来る様になっています。

JPEGで撮影した写真と、RAWで撮影してJPEGに後で変換したものとは違う様だ、さらにはRAWで撮影したほうが高画質だ、と思っていらっしゃる方が多いです。

先ず、色んな写真画像データの種類・フォーマットがある中の代表的なものとしてJPEGが有るのだと一般的な考えになっているようですが、もともとJPEGとは画像を圧縮する方式の名称です。

大きな画像データを、なるべく画質劣化させず、しかもデータ容量を小さくする画像圧縮技術ですが、JPEGが他の方式より優れていたため、広く使われるようになりました。

デジタルカメラ内では、撮像素子からアナログ信号として出力されたものをデジタルに変換し、それを画像処理エンジンで、ここでは説明を省きますが「同時化」という事を行い、次に色調や階調、ホワイトバランスの調整などを経たあとにJPEG圧縮され、SDカードやCFカード等に書き込まれます。

一方のRAWですが、「同時化」の後の工程を行わずに、色調整も何もしていないそのままのデータになります。

色調整等はパソコンで自分好みに仕上げることが出来ますが、このRAW現像という作業を行わなければ撮影した画像を利用することが出来ません。

RAWで撮影することを選べるのは高級カメラにしかないから、直にJPEGよりRAWが高画質であるというのは間違いです。

撮影した生(RAW)の画像を機械(カメラ)任せで絵作りをしてもらう(JPEG撮影)か、機械(カメラ)任せでは満足いく写真にならないからと自分で調整(RAW現像)したい場合にRAW撮影が向いているのです。

過去の関連性の高い書込み
RAW現像して写真プリント )(写真現像 「RAWデータプリント」


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ