2/3型センサーのFUJIFILM X-S1

「デジカメプリント 写真のフロンティア」加藤です。

富士フィルムは、広角24mmから超望遠624mm(いずれも35㍉判換算)の純正フジノン光学26倍高倍率ズームレンズと2/3型 1200万画素のEXR CMOSセンサーを搭載して高画質撮影を実現した「FUJIFILM X-S1」を12月7日より発売します。

fujifilm-X-s1

FUJIFILM X-S1は、プレミアムロングズームデジタルカメラと富士フィルムでは呼んでいて、圧倒的な高画質と洗練された操作性・デザインで「撮る愉しさ」を感じさせるプレミアムカメラ「Xシリーズ」のX10に続いての新製品になります。

X10もそうでしたが、名前はFinePix X-S1 ではなく FUJIFILM  X-S1 で、他の富士フィルムのデジタルカメラとは別格の扱いです。

高倍率ズームの採用はレンズ交換なしでも、被写体に1cmまで近寄って撮影できるマクロ機能と超望遠撮影まで対応することによって、他社のレンズ交換式デジカメに対抗しているようにも感じられます。

また、ボディとレンズが一体型のため、レンズ交換式カメラのように、レンズを取り外しする際にゴミやほこりがセンサーへ付着するという心配もありません。

高倍率なズームレンズですが、光学性能に優れたガラスレンズを惜しみなく使い、ズームの全領域で画像の周辺部まで高い解像感を実現しています。

一眼レフカメラの高級レンズと同様の9枚絞り羽根を使用することにより絞り開放と望遠側での撮影することによって美しいボケを生かしたポートレイトや近接撮影が可能で、印象的な写真を写せます。また性能面では望遠撮影時でも、新開発の手ブレ補正機能でシャープで高画質な写真を撮る事ができます。

プログラム、絞り優先、シャッタースピード優先、マニュアル、シーンに合わせて撮影機能を任意に選べるところは一眼レフカメラと変わりません。

以下、FUJIFILM X-S1の画像処理エンジンに内臓された富士フィルムならではの画質調整機能の一部ですが挙げてみました。

  • ダイナミックレンジ、露出、ISO感度、フィルムシミュレーションの4種のオートブラケティング。
  • 解像感優先か、ノイズの少なさ優先か、撮影者が重視するポイントによって、5段階にノイズリダクションの強弱を調整できる「ノイズリダクション調整機能」。
  • 夕焼け、青空、緑、ビーチ、スノーなど撮影シーンの認識、人物の有無と順光・逆光の判断だけでなく被写体の動きをも検出して自動的にEXR CMOSセンサーを最適な撮像方式に切替え、99パターンに分けられた撮影条件の組み合わせで、様々な撮影シーンを最高の画質でとらえることができるとしています。
  • 写真フィルムの設計ノウハウが息づく富士フィルム独自の「フィルムシミュレーションモード」を搭載。同社のVelvia/PROVIA/ASTIAのリバーサルフィルムの色彩を再現を可能にしています。

「フィルムシミュレーションモード」が搭載されたデジタルカメラは過去にもありました。

FinePix S100fs に採用され、リバーサルフィルムを愛用してきたユーザーを意識したカメラで、「ネオ一眼」とも呼ばれた多機能と高性能を追求したコンデジでした。

FinePix S100fs 以来、途絶えていた2/3型の撮像素子が、FUJIFILM X10 と、今回のFUJIFILM X-S1 で復活しました。他メーカーの高級コンデジに使われている撮像素子(1/1.7型)より大きく、撮影画像の画質においてもアドバンテージがあります。

FUJIFILM X-S1 では<4:3>4000×3000 画素、 <3:2>4000×2664 画素、<16:9>4000×2248 画素等のように画面比率を切替えて撮影できますが、LサイズやDSCサイズだけでなく、16:9で撮影した写真画像から最適なHVサイズも「写真のフロンティア」では承っています。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ