フジフィルムの高級デジカメ「X10」

ネットプリントは写真現像仕上げのほんもの写真を格安で提供している「デジカメプリント 写真のフロンティア」にお任せ下さい。当ネットサービスは写真のトリミングも自在に行えます。


デジタル一眼レフカメラと同じAPS-Cサイズの撮像素子を搭載したフジフィルムの高級コンパクトデジカメ FinePix X100 の姉妹機にあたるのでしょうか?

新製品「X10」が海外で発表されました。

FinePixX10 Fujifilm X10

カメラの名前ですが、FinePix を名乗らずにシンプルに「X10」という名前か、「FujiFilm X10」という名前になるかも知れません。

主だった性能は、まだ細かなところは変更になる場合も有りますが、以下の通りです。

カメラボディーは「made in Japan」と表記されたマグネシウムダイキャスト。

背面ディスプレイは2.8型46万ドット液晶。

「ガイドナンバー7」のポップアップ式ストロボを内蔵。

シャッター速度は1/4000~30秒。オート時は1/4000~1/4秒まで。

ISO感度は100~12800。ISOオート時は100~3200まで自動調整。

レンズは、光学手ぶれ補正機能が付いた、開放F値2.0~2.8と明るく大口径な35㎜版換算で28~112㍉相当のフジノン(フジ純正)4倍ズーム。

2/3型センサーを復活させて高級機に搭載

撮像素子は、1200万画素のEXR CMOSセンサーですが、そのサイズはかって2005年あたりまでは各カメラメーカーが高級コンパクト機に用いていた2/3型とちょっと大型のものが採用されています。

すっかり姿を消していましたが、久々に2/3型の撮像素子を搭載したカメラが復活してきました。

『かっての2/3型の撮像素子を搭載した高級コンパクトデジカメ(結構大きいです)

こんなデジカメもありました。PowerShotPRO1, CoolPix8700

こんなデジカメもありました。ディマージュA2、キャメディアC-8080WZ 』

フジフィルム「X10」はオリンパスのXZ-1、キャノンのPowerShot S95、パナソニックのLX-5 等がライバルとなる高級コンパクトデジカメに分類される機種になると思いますが、フジ以外の機種は、1/1.7型(標準クラスのデジカメは1/2.3型が多い)の撮像素子を採用している中で、この「X10」は、これらよりもう一回り大きなOMOSを搭載することによってオリジナリティー(他機種との差別化)を発揮しています。

(X10の兄貴分?のカメラ:フジのAPS-Cサイズ機FinePix X100


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ