富士フィルムの拘りがつまったデジカメFinePix

ネットプリントはフジカラー純正仕上げの「デジカメプリント 写真のフロンティア」にお任せ下さい。写真の不要な部分をカットするトリミングも自在に行えます。


9月17日に新発売になりました富士フィルムのコンパクトデジタルカメラ「FinePix Z950EXR」のご紹介です。

FinePix Z950EXR

ボディーカラーは、新色であるピンクゴールドを加え全5色のバリエーションがあります。

液晶画面には3.5型のワイドタッチパネルが採用されて見たい写真をすぐに探せるFinePixお得意の「2画面サクサク再生」や、2本の指で同時に操作できるマルチタッチなど、何百枚も保存されている中から見たい写真画像をすぐに探す事が出来たりする等、快適な操作性を実現しています。

(過去のFinePixZシリーズについてのブログ:世界初の「瞬速AF」FinePix Z800EXR

最も薄い部分が15.2mmのスリムボディに、35㍉判換算で24~120mmの光学式5倍ズームレンズを搭載し、超解像技術で画像劣化を抑えたデジタルズームと併用すれば最大10倍ズームまで可能です。

画素数は1600万画素で、富士フィルムが独自に開発したEXR CMOSセンサーがFinePix Z950EXRに搭載されています。「EXR CMOSセンサー」は、

『高感度・低ノイズ優先』(ノイズの量を最大約1/8に抑えたクリアでキレイな画質で、夜景や光量が足りない室内での高感度撮影に威力を発揮)

『ダイナミックレンジ優先』(ダイナミックレンジ最大1600%(同社比)で、白飛びと黒つぶれを防いだ階調豊かな写真が得られる)

『高解像度優先』(クラス最高レベルの1600万画素をフルに使い、風景や人物の微細な情報まで再現した写真が得られる)

の『』内の3つの撮像方式を切り替える当社独自のEXR技術を採用して、明るいシーンや暗いシーン、明暗差があるシーンでも最適な画質で撮影出来るとしています。

夕焼け、青空、・・・など撮影シーンの認識、人物の有無、逆光の判断に加え、新たに被写体の動きも検出し、その上でEXR CMOSセンサーが最適な撮像方式に切り替わり、今までのFinePix Z900EXRの49パターンからさらに増えた99パターンの撮影条件で、あらゆるシーンを最高の画質でとらえることができる、より進化した「プレミアム EXR AUTO」の搭載など、写真の色再現について富士フィルムは他メーカーには無いこだわりとノウハウを持っているなと感じさせるデジカメの発売になりました。

(前回の富士フィルム製デジカメ新製品紹介:フジフィルムの高級デジカメ「X10」


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ