デジタル一眼カメラα77

ソニーは α33、α35、α55 に続いて、より高性能で上位機種にあたる

デジタル一眼カメラ “α77”を10月(2011年)に発売すると発表しました。

SLT-A77

かねてから従来の一眼レフではなく、独自のトランスルーセントミラー・テクノロジーを

搭載したデジタル一眼カメラ の中堅機~上級機の発売が噂されていましたが、

名前も予想通り”α77”となりα55の1ランク上のデジタルカメラが発売されます。

デジタル一眼カメラの新製品 ソニーα77?

正式に発売されることになり性能の詳細が明らかになりましたが、

とても魅力的で高性能なカメラになっています。

先ず、電子ビューファインダー「XGA OLED Tru-Finder」はフルHDを超える

235.9万ドットの有機ELディスプレイが採用されて、従来の10倍のコントラスト比を実現しました。

これによりソニーでは従来型EVFと一線を画す画質を実現したとしています。

従来機(α55)より上位機種らしく、どんな撮影環境で撮影しても耐えられるように、

前部/後部の外装カバーに軽量で高強度なマグネシウム合金を採用し、

防塵/防滴にも配慮した設計で、水滴やホコリの侵入を防止するために主要な

操作ボタンやダイヤル部にシーリング処理も施されていますが、これは同時に

カメラの高級感も演出しています。

そして撮影画素数ですが、α55の1600万画素から大幅にアップして

α77 では有効約2430万画素の「Exmor(エクスモア)」APS HD CMOSセンサー」が

搭載されました。

厳密には種類の違う(一眼レフ)カメラですが、キャノンのEOSが絶えず画素数で

ライバル他社を常に上回る製品を出して、業界をリードしてきました。

EOSもより高画素数のモデルを発表するのでしょうが、画素数競争で初めて

他カメラメーカーに逆転された格好になります。

かって一眼レフカメラではキャノン”EOS”とミノルタ” α ”が2大ブランドでした。

ここへ来てα が復活してきた感があり、何だかうれしいです。

SONY α がちょっと心配。

 

 

α77 Ⅱ

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ