ミラーレスNEX5の後継機NEX5Nが新発売

ソニーは、昨年発売したデジタル一眼カメラNEX-5がいつでもどこでも気軽に一眼画質が楽しめるカメラとして好評ですが、この度NEX-5を改良して約1610万画素(APS-C)のExmor APS HD CMOSセンサーを搭載して、最高感度ISO25600の撮影を可能にし、レリーズタイムラグを世界最短の約0.02秒を実現した NEX-5N を発売します。

AF速度も従来の2倍になって、一瞬のシャッターチャンスも逃しません。

先日発売になったミラーレスカメラNEX-C3 の上位機種になります。

ソニー NEX-5N

さらに、同シリーズ機で初となる液晶画面へのタッチでの操作にも対応して、コントロールホイールとソフトキー操作と共に、使いやすさ分かりやすさを実現しています。

自分好みの写し方を設定できる「マイフォトスタイル・タッチ」や、色んな写真効果が楽しめる「ピクチャーエフェクト」機能を今まで以上に直感的に操作することができるようになりました。

また、新しくEマウントレンズが3本と、高コントラストと高解像度の有機ELを採用した外付け電子ビューファインダー「FDA-EV1S」が、NEX 5N にあわせて発売されますが、それだけでなくトランスルーセントミラー・テクノロジーによる高速・高精度の位相差検出方式AFを可能にするマウントアダプター「LA-EA2」が発売され、今までの一眼レフ”α”用のレンズが機能の制限がなくNEXに装着できるようになります。


デジカメプリントは「写真のフロンティア」top

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ