ハッセルH4D-200MS

世の中にはとても個人では買えないような高価なデジカメがあります。

そんなデジタルカメラを作っているメーカーの一つが八ッセルブラッドです。

その八ッセルブラッドから新製品H4D-200MS が発売されました。

h4d-200ms

一般的に高級機として広く知られているのが、キャノンEOS-1DS、ニコンD3 等「35㍉フルサイズ機」と呼ばれるデジタル一眼レフカメラです。

35㍉フィルムと同じ大きさの撮像素子を搭載していますが、撮像素子が大型で画素数も多く高画質な写真が撮れます。

そしてさらに、35㍉フルサイズよりさらに面積の大きな撮像素子を搭載した「中判デジタル一眼」と呼んでいるデジタルカメラがありまして、国内メーカーの製品では4000万画素のPENTAX645D 等があります。

ハッセルブラッドは、この中判カメラを作っている海外メーカーで現在はH4Dシリーズをラインアップしています。そしてHasselblad H4D-50 (CCDサイズが36.7×49.1㍉ 画素数約5000万画素)をベースにして、この度、6ショット重ねて2億画素になるH4D-200MS が発売されました。

個人が趣味で風景等を撮影することも出来ますが、価格的に”個人所有”するのは難しく、プロカメラマンが、スタジオ内で商品撮影や美術品の撮影をするのが想定される使い方のようです。


デジカメプリントのネット注文なら写真のフロンティア

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ