超高速撮影出来るデジカメ ビクターGC-PX1

「デジカメプリント 写真のフロンティア」加藤です。

今春発売された GC-PX1 は、ビデオカメラメーカーのビクターが作っただけあってビデオ・動画がベースで、ついでにスチルカメラ(静止画)の機能が付いたデジカメになっています。

外観は、ソニーNEX5 に、ズームレンズを組み合わせた様な格好をしています。

ボディー部にはマグネシウム合金、レンズ部にはアルミニウム合金が使われ堅牢製と高級感を出していますが、連写の高性能さが魅力のカメラです。

gc-px1

通常の静止画撮影は998万画素ですが、若干画素数を落とし(5.7メガピクセル)て写せば、約60枚/秒の超高速連写が出来ます。

高速連写で写してから、お子様の良い表情をその中から選んで残す・プリントする等の使い方が出来ます。

(5.7Mは3200×1800画素ですので、16:9のハイビジョン比率の撮影になります。)

主だった性能・仕様は、1/2.3型1062万画素の映像素子(撮像素子とは呼んでいません)

光学10倍ズームレンズ、最大ISO感度6400、SDXC・SDHCカード対応、32GBメモリー内臓、画面比率は4:3と16:9の2種類の切り替え‥と、なっています。

ビデオ(動画)とスチル(静止画)を五分五分で使用することを意識して作られたデジカメで、メーカーでは「ハイブリッドカメラ」と呼んでいます。


デジカメプリントは「写真のフロンティア」topへ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ