一眼レフカメラ EOS KISS X50

「デジカメプリント 写真のフロンティア」店長・加藤です。

今春新発売になったデジタル一眼レフカメラに EOS Kiss X50 が有ります。

エントリー機としてEOS Kiss X5 も有るのですが、それよりさらに低価格のモデルになります。

eos kiss x50

EOS Kiss X50 の特徴は、先ずEOSでは初めての赤いボディーを採用したことです(黒いボディーも有ります)。

そして EOS Kiss X5 は、1800万画素なのに対し EOS Kiss X50 は1220万画素で、背面の液晶モニターは EOS Kiss X5 より少し小型なうえに、固定式でバリアングル機能は見送られています。

その他、使う頻度が少ないと予想される撮影機能を省略して低価格を実現させているようです。

また、機能以外の EOS Kiss X50 の特徴としては、ズーム18~55㍉レンズと50㍉(F1.8)の単焦点レンズとの2本セットが売られているのが特徴的です。

ただ、50㍉は本来なら標準レンズなのですが、APS‐Cサイズ機では中望遠レンズになってしまいます。

マイクロフォーサーズ機やソニーNEXで単焦点レンズが好評のために、それに対抗した措置の様な印象を受けますが、標準レンズを付けるなら新型の35㍉F2等の単焦点レンズとのセットにすべきだったと思います。

低価格のエントリー機であるため、既存のレンズとの組み合わせになったのではないでしょうか。

関連記事

nikon d3100
Canon EOS Kiss X7


デジカメプリントは「写真のフロンティア」topへ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ