いよいよ発売の高級デジタルカメラxz-1

3日前に書き込んだオリンパスPEN Lite E-PL2 に続いて同社から

日本より一足先にアメリカで発売されるコンパクトデジタルカメラ XZ-1です。

デジカメolympus xz-1

昨年9月に当ブログで詳細なスペックが不明のまま参考出品の段階でご紹介いたしましたが、いよいよ市販化されることになりました。製品名はXZ-1 です。

主な性能・仕様は、撮像素子は1/1.63型1000万画素のCCDが採用されました。

期待していた4/3型(フォーサーズ規格)の撮像素子を搭載し、シグマDPシリーズやライカX1、さらにフジFinePix X100 に対抗した一眼クオリティーの写真が撮れるデジタルカメラではなく、キャノンPowerShot S95 や、パナソニック Lumix LX5 のライバル機となる、高級コンパクトデジカメと呼ばれるグループに分けられるカメラになりました。

ただ、オリンパスの一眼レフカメラにしかなかった「ズイコー」のズームレンズがコンパクト機に初めて搭載されましたが、同社のXZ-1に対する想いが感じられます。

(F1.8~2.5の明るく大口径の4倍ズームレンズ)

最高感度はISO6400で、高級デジカメらしくRAWデータ撮影にも対応しています。

アメリカでの販売価格は499.99ドルだそうです。こちらもE-PL2と同様に日本国内ではいくらで、さらに何時発売されるか楽しみです。


デジカメプリントtopへ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ