動く被写体にはNEXよりαがおすすめ

「デジカメプリント 写真のフロンティア」店長・加藤です。

デジタル一眼カメラで、ソニーはミラーレス機のNEX3/5と、新しく半透明のトランスルーセントミラーを搭載したα33/55がありますが、どちらがお勧めなのかごく簡単ではありますがまとめてみました。

今まで(フィルム時代も含めて)一眼レフは、コンパクト機より高画質に撮れることは分かっていても、カメラが大きくて重いからと敬遠していた方には、NEX3/5がお勧めです。

撮影は液晶を見ながら行うコンパクトデジカメと同じスタイルで行います。

ただ、発売されて間もないので止むを得ないことですが交換レンズが3種類しかなく、現時点では、本格的に写真撮影する方にはあまり向いていません。

NEXレンズシステムと呼べる位に充実してくればよろしいのですが・・・。

一方のデジタル一眼α33/55ですが、NEXより大きく重いのは事実です。

しかし、従来の一眼レフ、例えばα550に比べれても随分小さく軽くなっています。(α55

そして一眼レフには出来ない常時ライブビューで被写体を見る事が出来る上に、一眼レフと同じ位相差検出AFを採用して、ミラーレス機にはない高速AFを実現しています。

これはミラーレス機と一眼レフ機の良い所取りをした、初めてのデジカメです。

そして、こちらはαのレンズ資産が活かせるのが長所です。(αレンズをアダプターを使ってNEXに装着できますが、AF機能が制限されたり手ブレ補正が働かなくなったりします。)

そして、ちょっと辛口になりますが、じっとしていない小さな子供や、スポーツイベント等、動くものを写すには、コントラスト検出式AFのNEXよりも、位相差検出式AFのαの方がピントを素早く合わせる事ができて、シャッターチャンスを逃しません。


(2014年8月に加筆)
デジタルカメラは、ミラーレス/デジタル一眼カメラは位相差検出式AFを、デジタル一眼レフカメラはコントラスト検出式AFを取り入れた「ハイブリッドAF」機能を採用した機種が多くなってきていて、双方の短所が克服されてきています。


デジカメプリントtopへ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ