スチルビデオ(SV)

「デジカメプリント 写真のフロンティア」店長・加藤です。

「91 来年は、こうなる!」の最終回です。これまで写真業界誌「イメージング」の90年12月号の記事を元に書いて参りましたが、今回は”デジカメ”の20年前の状況について書かれている文章を引用しました。

以下{ }内(一部省略)。

用途開発を模索中のスチルビデオは91年も需要の本格化は「?」

華々しい登場感の割にはマーケットの構築は尻すぼみで、もうひとつ市場が

見えてこないのがスチルビデオ市場。このフロッピーに記録するスチルビデオは、

昨年に比べ約1割増の出荷と、文字通り”静止”の世界に入ってしまった。

キャノン、ソニー、京セラ等ではマーケットづくりの地道な努力をしているが

決定打は無さそう。ただ、キャノンでは「アイオン(Q-PIC)」が欧州で日本の

数倍の出荷となっているので何かが見えてくるかもしれない。

来年だが残念ながらマーケットが急拡大することは難しい。新機種の発売も

ありそうだが用途の提案をしながら手探りの状況が続きそうだ。

いずれにしても、民生用には5年以上かかると見られている。ICメモリーカードや

画像圧縮の規格統一がテーマで、民生用の話はそれからということになりそうだ。}

90年当時は、先ずデジタルカメラとは呼ばないでスチルビデオと呼んでいたのが判ります。

メディアカードは無く、Q-PICのようにフロッピーディスクに書込む方式でした。

そして、これから普及が進むと予想されている訳でもなく、企業向けのニーズ(それまでは現像を出しに行かなくてもOKなポラロイド等のインスタントが使われていました)を掘り起こすことが出来れば良いと考えていた程度でした。

スチルビデオQ-pic

89年発売のキャノンQ-PIC(RC-250)価格は99,800円

関連記事

世界初のデジタルカメラ


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ