4600万画素のデジタル一眼レフ・シグマSD1

発売時期、そして価格等も未定のまだ参考出品の段階なのですが、シグマが新開発した撮像素子「APS-CサイズフルカラーX3ダイレクトイメージセンサー」を搭載したデジタル一眼レフカメラ「SD1」が発表されました。

発表されたカメラスペックを見ると、画素数は、驚きの4600万画素です。

SIGMA SD1

ボディー外側に軽量で堅牢なマグネシウム合金を採用。ボタン類や接合部をシーリングして水滴やホコリの侵入を防ぎ、プロの過酷な使用にも対応しています。

しかし、SD-1の一番の目玉は新開発の有効画素数46メガピクセルのAPS-Cサイズフルカラーイメージセンサーです。

今までのSD-15などに搭載されていた撮像素子はサイズが20.7×13.8mmだったのに対し、24×16mmと大型になったのと同時に有効画素数4600万画素(4,800×3,200×3層)を達成し、従来の約3倍の画素数になりました。

1画素毎にRGB各色(フルカラー)の信号が得られる3層構造の独自センサーを搭載していますので、他社のイメージセンサーに換算すると約4,600万画素相当の有効画素数になります。

RGB各色が、4,800×3,200の約1,536万画素となってこれが3層(RGB)になるため、約1,536万画素×3=約4,600万画素になります。

さらに、構造上、歴代のSDシリーズ同様に、解像度を落とすローパスフィルターが不要のため抜群の解像感も併せ持ったカメラになりました。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ