ピクトロスタットデジタル400

「デジカメプリント 写真のフロンティア」店長・加藤です。

一部のプロ用を除くと、それまでのデジカメは画素数は数十万画素で、やっと10万円程度で100万画素の機種が出始めた97年の秋、フジフィルムから「ピクトロスタットデジタル400」(PSD400)という機械が発売されました。

ピクトロスタットデジタル400(PSD400)は、A3サイズ対応のフラットベッドスキャナー、35㍉~2B(6×4.5~6×9)対応のフィルムスキャナーと、画像処理ユニット、そしてプリンター(高画質フルカラーレーザープリンター・ピクトログラフィー4000)が一体となったものでした。

フジ・ピクトロスタットデジタル400「PSD400」

当時、新発売になったPSD400をフジフィルムの展示商談会に見に行きましたが、これから増えるとされているデジタルカメラからの写真出力は、「こういった機械でプリントするんだ」と会場でのデモを見ながら思いました。

また、2年ほど前(95年)のフジックス デジタルカメラ・プリントシステムはコンセプトモデルといった感じがしていましたが、”デジタル画像”が具体的になって来たと実感しました。

ただ、Lサイズ等のデジカメプリントを1日で1000枚も出力する様な使い方をする様な物ではなくて、6×9サイズ等のネガやポジからプリント出来たり、写真をスキャナーで読み込んだ後、画像処理して最大A3サイズまで出力するのは、成人式や七五三用の写真や、背景を消した遺影写真を仕上げているスタジオ写真館様等に合った、付加価値の高いプリントを作る機械でした。

そして、当時のデジタルカメラからのプリントや、その他のデジタル需要を考えると、96年に発売されたアラジン1000 もそうですが、なかなか導入には踏み切れませんでした。

関連記事

Konica PCピクチャーショー
Canonハイパーフォト
Fujixデジタルデジタルカメラプリントシステム
Konica CRTプリンターとデジタルイメージングシステム


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ