キャノンのフラッグシップデジカメPowerShot G12

「デジカメプリント 写真のフロンティア」店長・加藤です。

10月にキャノンから、コンパクトデジカメのフラッグシップモデルPowerShot G12 が発売になります。

1ヶ月ほど前にハイエンド機PowerShot S95 が発売されたとご報告させて頂きましたが、今度は”フラッグシップ機”のPowerShot G12 です。

ハイエンドと、フラッグシップとどっちが上なのか分かりにくいのですが、キャノンのデジタルカメラのサイトに書かれている通りに現してみました。

フラッグシップモデルPowerShot G12 の方が価格も高いですし、クラスとしてはコチラが上位になります。

キャノンのハイエンド機PowerShotG12

コンパクトデジカメに間違いはないのですが、どっしりとした重量感を感じるボディーで、決してスマートではありません。

ニコンの高級コンパクトデジタルカメラCOOLPIX P7000 とよく似たデザインです。

そして、撮影画素数はPowerShot S95 と同じ約1000万画素です。

今は高級機が一番画素数が多い時代ではなく、どれもダイナミックレンジの広さを追求しています。

画素ピッチを小さくして画素数を多くするよりも、高感度撮影時にノイズの発生を抑えるため「余裕のある1000万画素」を採用したデジカメの高級機の流れになってきているようです。

<ネットプリントは実績のある「写真のフロンティア」へお任せ下さい。デジカメのマルチアスペクトに対応したプリントサイズをLサイズ同様に主力サイズとしてラインアップしているHVサイズも臨場感の有る仕上りで人気です>


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ