一眼レフ中級機キャノンEOS-60D

「デジカメプリント 写真のフロンティア」店長・加藤です。

ソニーのデジタル一眼レフカメラ「α55」「α33」が発売されますが、キャノンからも今月、一眼レフカメラのEOS-60Dが新発売になります。

EOS-60D は、中級機 EOS-50D の後継機種となり、EOS Kiss X4 とEOS-7D の間のクラスに位置するカメラです。

画素数は約1800万画素で、EOS Kiss X4 とEOS-7D と同じ撮像素子(CMOS)を搭載しています。EOS-50D より65g軽くなっていてフルHD動画撮影が可能になっています。

また、EOS では初めてとなる角度が変えられるバリアングル液晶(約104万画素)を搭載したモデルになりました。

オリンパスのペンなどに採用されたアートフィルター機能も付いて、トイカメラ風、ラフモノクロ、そして人気のミニチュア写真(ジオラマ)風に撮影後の写真をカメラだけで加工出来るようになりました。(撮影時に設定する事も可。)

そして、今やコンパクト機やミラーレス機には標準となっていますマルチアスペクト対応となり、3:2以外にも4:3、16:9、そして1:1に設定できます。

使用するメディアはCFカードではなくSDカードで、SDXCに対応しています。

エントリークラスのEOS Kiss X4 とハイアマチュア向けのEOS-7D がある中でEOS-50D の後はどうなるのかと思っていましたが、今回EOS-60D が発表されました。

“バリアングル”や”マルチアスペクト”でオリジナル性を出していますがハイスペックにするとEOS-7D の立場がなくなるし、その逆だとEOS Kiss X4 と変らくなってしまいますので、出すのが難しい新製品ではなかったかと推測します。

(前回の新製品デジタルカメラ紹介:ソニー α55

<キャノンEOS-60Dで撮影した写真から最適なデジカメプリントは、縦横比がほぼ同じで画面切れが少なく仕上り、高画質が活きるハガキ大のKGサイズになります。>

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ