ニコンのD7000

ソニーα55とα33 、キャノン EOS-60D とデジタル一眼レフカメラも新製品の発売が相次いでいますが、ニコンからも「D7000」という新しい一眼レフが10月下旬に発売されます。

クラスとしてはD300s と D90 の間になりますが、上位機種のD300s が色褪せてしまう程の性能を D7000 は持っています。

新開発された16.2MのAPS-CサイズCMOSを搭載して、新画像処理エンジン「EXPEED 2」との組み合わせで常用でISO感度ISO 100~6400 (最大25600)を実現しています。

従来は1005分割だったRGBセンサーも新開発し2016分割の測光センサーが採用されて、より被写体の状況を的確に捉え露出に反映させる事が出来るようになっています。

さらに、AFセンサーも新開発されて、測距ポイントは39点に増えて、動く被写体にも的確・高精度にピントを合わすことが出来ます。

そして高級一眼レフの絶対条件ともいえる視野率100%のファインダーが採用され、他メーカーも含めて上位機種に負けないカメラに仕上がっています。

同時に、ボディーには必要な箇所にマグネシウム合金が使われ堅牢性も高めています。

<高品質なフジカラーデジカメプリントを激安価格でご提供していますがD7000で撮影した写真からのプリントは高画質が活きるKGサイズがお勧めです。>

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ