解像力抜群のシグマ一眼レフSD-15

「デジカメプリント 写真のフロンティア」店長・加藤です。

ニコンやキャノン等のデジタル一眼レフカメラ用の交換レンズを作っているシグマですが、一眼レフカメラ本体も作っています。

02年にSD-9を発売してから、その後SDシリーズとして順次新製品が出て来ました。そして現在はSD-15となり4代目になります。

6月末に新発売になりましたが、なんと画素数は約470万画素しかありません。

これはどういう事でしょうか?

デジタル一眼レフカメラ「SD15」写真

初代のSD-9の時から独特の撮像素子が採用されていますがSD-15にも踏襲されて、これがこのカメラの一番の特徴となっています。

普通の、と申しますか他メーカーが採用している撮像素子(CCD、CMOS)のベイヤー配列と呼ばれている格子状に並べられた1画素には3原色の中の1色しか認識する事が出来ません。

例えば1000万画素の撮像素子の場合ですが、R(赤)が250万画素、G(緑)が500万画素、B(青)が250万画素となっていて色情報をお互いに補間しあってカラー画像を作り出しています。

3層型イメージセンサーとローパスレスで高解像

そしてSD-15に搭載された「X3ダイレクトイメージセンサー」は、大きさは20.7×13.8㍉とAPS‐Cよりちょっと小さいサイズで2652×1760画素(約470万)と、画素数自体はそんなに多くは有りませんが1画素でRGBの3色の色情報が得られる仕組みになっています。

(2652×1760×3層で1,406万画素と表記されている場合も有ります)

また、ミノルタRD-175 の書込みの時でも触れましたが、モアレが出来にくい

構造のためローパスフィルターが不要となり省略されています。

ローパスフィルターを使用している多くの他メーカーの機種に比べて、ずっと高い解像感が得られるとしています。

<ネットプリントは実績のある「写真のフロンティア」へお任せ下さい。現像して仕上げる高品質なフジカラーデジカメプリントを激安価格でご提供しています。
御注文ソフトで、自由にトリミング設定が出来ますので、多くのご利用いただいた
お客様から好評です。是非一度、お試しください。>


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ