キャノンからハイエンド機PowerShot S95

パナソニックの高級コンパクトデジタルカメラの新製品である、

LUMIX DMC-LX5 が発売されたばかりですが、そのライバル機となる

カメラの新製品がキャノンから発表になりました。

デジカメPowerShot S95写真

現在販売されているPowerShot S90の後継機種となるPowerShot S95です。

キャノンでも「スマートなボディーにカメラの本質が光るハイエンドモデル」と

謳っています通り、同社のコンパクト機のなかで最高の性能を誇っています。

・絞り開放値F2.0の高性能レンズで、多くの光を採り込めて僅かな光源下でも

ブレやノイズを抑えた写真が撮れます。

・コンパクト機では初となる「ハイブリッドIS」で従来抑えきれなかった被写体に対する

平行方向のブレ(シフトブレ)を抑えて、特にマクロ(接写)撮影時に威力を発揮します。

・PowerShot S90と同じ、画素数を抑えた1/1.7型サイズの約1000万画素のCCDを

採用して高感度撮影でもノイズの少ないクリアな画質を実現しています。

・ この高感度センサー(CCD)と、映像エンジン DIGICを組み合わせた「HS SYSTEM」が

ISO感度1600が常用で使えるだけでなく、それまでの最大1/4のノイズレベルになり

すっきりとした画像が得られます。そして光の明暗差が大きいシーンでも白とびや

黒つぶれが起き難いダイナミックレンジの広い(従来の4倍)画像を作り出します。

・また、アスペクトの切り替えが4:3、16:9、3:2に加えて、新たに4:5が選べる

ようになっているのがPowerShot S95の一つの特徴となっています。

[4:5時]
ラージ:2192×2736画素
ミドル1:1696×2112画素
ミドル2:960×1200画素
スモール:384×480画素

↑↑キャノン様のサイトより


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ