衝撃的だったα-7000

「デジカメプリント 写真のフロンティア」店長・加藤です。

お客様からカメラの修理を依頼されたのですが、旧製品と言うことで修理不能で直らずに戻って来たままになっているミノルタのα-7000(↓写真)です。

α7000

α-7000は、85年に発売になった一眼レフカメラ(もちろんフィルムカメラです)ですが、世界で初の全自動AF(オートフォーカス・自動ピント)一眼レフで一大センセーションを起こしました。

AFの完成度が高かっただけでなくマルチプログラムAE、フィルムの自動巻上げに自動巻き戻し、液晶表示などを備えた世界初の一眼レフで、撮影時の露出とピントの失敗やフィルム装填と巻上げ巻き戻しの失敗・手間から開放され写すことだけに専念出来る、長年の人の夢を叶えたカメラでした。

そしてカメラ本体も決して大きく重くならず、むしろ小さいと感じてしまう程にまとめられたボディーでした。

全自動というと初心者向け(実際にα-7000 は本当で誰でも失敗のない写真が撮れます)のイメージがあり、それまで機械が全部決めてしまうカメラなんか使えるか!と言っていたプロカメラマンもこっそり使うようになり、便利さを認めずにはいられなくなりました。

そしてこのあまりにも画期的なα-7000の登場で、日本国内でミノルタのシェア・市場占有率は50%を超えてトップメーカーに躍進しました。

その後、キャノンから全自動AF一眼のEOS650が発売されますが、88年に発売された第2世代のα-7700i は、EOSのAF速度の2倍で、初の「動体予測AF」(動くものにピントを合わせ続ける。時速300㌔㍍で走るレーシングカーにもピントが合わせられたとミノルタは発表していました)機能を搭載し、他社より一歩先をいったカメラでした。

でもそれが約20年経って、ミノルタがフィルムメーカーのコニカと合併しただけでなく、カメラ事業から撤退してしまうとは・・・。

ブランドを受け継いだソニーには、今後も「α」を継続し、そして育てていって欲しいです。


デジカメプリントtopへ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ