フジックス デジタルカメラ・プリントシステム

デジカメプリント 写真のフロンティア」店長・加藤です。

 

キャノンEOS-DCS3、 コダックEOS-DCS5 が登場し、電子画像時代が訪れつつあった95年

の2月に富士フィルムから、「フジックス デジタルカメラ・プリントシステム」が発売されました。

フジックスデジタルカメラ・プリントシステム
ピクトログラフィー3000

同システムはニコンと共同開発したデジタルカードカメラ「DS‐505」(110万円)、

または「DS-515」(140万円)で撮影して、その画像は最大84コマまで記憶できるPCカード「フジックス イメージメモリーカードHG‐15」(12万円)に記録、

そして「フジックス デジタルイメージプロセッサーDI‐500D」(98万円)で取り込んだ画像を処理。

プリント出力は「フジックス デジタルフルカラープリンターピクトログラフィー3000」(270万円)で行うというものでした。

~~マルチメディア時代に対応した高次元の活用システムで、プレゼンテーションなどに威力を発揮する~~ と説明されていましたが、業務用途の製品でした。

デジタルカメラも大きくて重く、そしてかなり高価なものでした。

その後しばらくして写真店でデジカメプリントのサービスを行えるプリントシステムとして、「ピクトロスタットデジタル400」が発売されましたが、数十万画素のデジカメがやっと個人が買える価格になった頃で、まだデジタルの需要も細く、設備導入されるお店はかなり限られていました。

関連記事

Fuji PSD400
Konica PCピクチャーショー
Canonハイパーフォト
Konica CRTプリンターとデジタルイメージングシステム


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ