ローパスフィルターは解像力を落とす

「デジカメプリント 写真のフロンティア」店長・加藤です。

 

ローパスフィルターとは、

デジタルカメラの撮像素子の受光部分の手前にあり、撮影時に

実際にはない色の発生(モアレという現象)を防いでくれるものである。

しかし撮影画像に影響を与え解像度が落ちてしまうマイナス面もある。

 

デジタルカメラの解像力を左右する画素ピッチと画素数について先日書き込みましたが、続編として「ローパスフィルター」を取り上げてみました。

デジタルカメラで黒と白の縞模様を写してみると、ほとんどの場合は問題ないのですが、どんどん細くして”画素ピッチ”より細くなると縞模様が解像しなくなります。

画素ピッチが5マイクロメートルとすると、白黒は2画素分の10マイクロメートルより太ければ解像し、細ければ解像しません。

しかしデジタルカメラの場合、解像しないだけでなく、モアレと呼ばれる現象が発生して虹のような色が出てしまいます。

この偽色をカットするのがローパスフィルターになります。

(偽色、モアレについての書込み:偽色・色モアレの写真

そしてローパスフィルターですが、画素ピッチより細かいパターンの像を完全にカットし、それ以外の像をロスなく透過させれば良いのですが現実には無理で、例えば10マイクロメートル時にフィルター効果を十分に発揮させようとするなら、10マイクロメートルよりも大きなパターンでも止むを得ず光をいくらか遮断するしかなく、10マイクロメートルより大きなパターンを完全に透過させることは出来ないのです。

透過率が下がると、撮像素子本来の性能も発揮できず解像力が落ちてしまいます。

モアレの発生防止か、解像度を優先させるか、どこで折り合いを付けるかはカメラメーカーの考え次第となります。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ