ご注文ソフトの使い方

「デジカメプリント 写真のフロンティア」店長・加藤です。

2011年11月中旬より、ネットプリントシステムをデジタルビュアから、PhotoSta に変更いたしました。

つきまして、今まで利用してきましたデジタルビュアについての書き込みをご覧いただいても、現システムの参考にはなりません。

お得意様におかれましては、再登録のためご住所やお名前のご入力を新たに強いることになりご迷惑をおかけしていますが、より多機能で、操作も分かりやすく、使いやすいシステムだと判断いたしましてPhotoSta に移行させていただきました。


サマーキャンペーンを先月末まで行って、本当にたくさんのデジカメプリントのご注文があり処理に大忙しでございました。

ただ、お客様の中には、プリントご注文の中で余分に写真が仕上がってしまった。

または注文の際、欲しくないサイズまでオーダーしてしまう等のお問い合わせを受けました。

L-DSCサイズでプリントご注文されるお客様がL-DSCサイズだけでなくLサイズも注文したことになり料金計算もされてしまうといった注文ソフトの操作についてのお問い合わせでした。

多くのお客様に参考にして頂ければと思い、この場に書き込んでみました。

例:L-DSCサイズをご注文される場合

注文ソフト使い方 (画面1)

↑この画面でプリントされる画像を選択(チェックを入れる)します。次に

注文ソフト使い方2 (画面2)

↑この画面でプリントサイズを選択し枚数も入力いたしますが、このときにLサイズも選択されていて、L-DSCとLの2種類で注文したことになってしまいます。

これは(画面1)で標準値がLサイズになっているのが原因です。

対処方法は、(画面1)で画像を選択する前にL-DSCにしておくと宜しいです。

対処方法2は、(画面2)で「サイズ切替」で「Lサイズ」を選び、+-で「0枚」にします。

プリントご希望のL-DSCサイズを設定する前に、Lサイズに切り替え枚数を「0」にし「最後迄Copy」をクリックすると簡単です。


当ページの注文ソフトは現在使用していません。

(現システムに切替えた原因でもありますが、2010年夏頃まで順調に注文を承っていたのが、急に全くと言っていいほどネットオーダーが無くなりました。当初は、理由が分からずにいたのですが、お客様から注文出来ないと連絡を頂き、技術的な問題で受注ゼロになっていました。ただ、デジタルビュア(受付けシステム)を導入している他の業者様に同じ問題は起こっておらず、当社のみ何故か不具合が発生していました。よって信頼できる現システムに切り替えさせていただきました。)


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ