panaの高級コンデジ。LUMIX DMC-LX5

「デジカメプリント 写真のフロンティア」店長・加藤です。

パナソニックは、8月20日に「大型・高感度CCDセンサーとF2.0/広角24mmレンズを搭載し、高画質・高品質を追求したハイエンドコンパクトデジタルカメラ LUMIX DMC-LX5」を発売します。

現行のDMC-LX3は発売されてから約2年が経つ息の長い機種でしたが今月、新型機のDMC-LX5にバトンタッチされます。

 lumix DMC-LX5

広角側で明るさF2.0を達成した大口径のLEICA DC VARIO-SUMMICRON レンズは歪曲収差が少なく、ゴーストやフレアの発生も抑えられた優れた描写性能を発揮する9群10枚の贅沢なレンズ構成になっています。

撮像素子は更なる高画質を目指し、より高感度と高ダイナミックレンジを実現しました1/1.63型の新開発されたCCDが採用されました。

もっと高画素(1500万画素など)する事も出来るのですが、あえて約1000万画素に抑えて1画素のサイズを大きくすることによりハイライトからシャドーまでの豊かな階調表現と、高感度撮影時のノイズの少ない画像を実現しています。

ライバル機となるキャノンの高級コンパクトデジタルカメラ(PowerShot S90 )でも大型撮像素子を搭載しながらも画素数は約1000万です。

高画質を売りにするハイエンド・高級デジカメが画素数競争で最高を目指さず撮像素子の画素ピッチを確保し、低ノイズで階調豊かな画像を作る方向に変ってきたようです。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ