プロジェクター内臓のCOOLPIX S1100pj

前回のキャノンPowerShot S95に続いて新製品デジカメのご紹介です。

来月16日に発売予定のニコンのコンパクトデジタルカメラCOOLPIX S1100pjは、世界で初めてプロジェクター(投影して画像を見る事が出来る)を内蔵して話題を集めたデジタルカメラCOOLPIX S1000pjの後継機種になります。

プロジェクターをCOOLPIX S1000pjより明るさを40%向上させて、よりハッキリと撮影画像が見られるようになりました。明るさが改善されたことで最長投映距離が2.4メートル、最大投映サイズは47型となりました。

そして今までより明るい場所や、部屋の壁だけでなく天井などにもより鮮明に投映することができる様になりました。

ニコンCOOLPIX S1100pj写真

その他の機能の一部をご紹介しますと、背面液晶はタッチパネル対応で、撮影後の画像をミニチュア写真にカンタンに加工・編集する事が出来たりする等、6種類の「フィルター効果」を搭載しています。(元の画像と別に保存されますのでとても便利です。)

カメラの主な仕様は、35㍉カメラ換算で28~140mm相当の光学5倍ズーム機で、4倍のデジタルズームとの組み合わせで最大20倍ズームになります。

画素数は約1400万画素で、ISO感度は最高6400(常用・オートで800まで)、液晶モニターは約46万ドットの3型TFT液晶(タッチパネル)・・・等となっています。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ