約1億2000万画素のAPS-HサイズCMOS

キャノンが8月24日、世界最高の約1億2000万画素のCMOSの開発に成功したと発表しました。

このCMOSセンサーはAPS-Cサイズと35㍉フルサイズの間のサイズであるAPS-H(約29.2×20.2㍉)で、13280×9184画素(約1億2000万)の世界最高画像数になります。

1億2,000万画素APS-HサイズCMOS

現在売られているAPS-HサイズのCMOSセンサーを搭載したカメラのEOS-1D Mark IV は画素数が約1600万ですので、約7.5倍もの画素数になります。

解像度(画素ピッチ )も、キャノン製のカメラで最も高画質な約2110万画素の35㍉フルサイズCMOSを搭載したEOS-1Ds Mark Ⅲ、EOS-5D Mark Ⅱの約2.4倍にもなります。

当然のことながら単に画素数を増やしただけでなく、データの読み出しも素早く行える様にして最高で約9.5コマ/秒の出力スピードを実現し、超高画質でも連続撮影が可能となっています。

ただ、今回発表されたAPS-Hサイズ約1億2000万画素のCMOSの前にAPS-Hサイズ約5000万画素のセンサーが2007年に開発されたそうですが特定の用途に使われた(売られた)だけでした。

今回も同様に市販のデジタルカメラに搭載されることはないと思います。

でも将来的には1億以上の画素数のデジタルカメラと、それに使われる超大容量のメディアカードも市販される日が訪れるかも知れません。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ